スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハのミルフィーユよりも食べやすい? パッヘルベル鍵盤作品集II フランツ・ラムル

pachel.jpgAmazonHMV


パッヘルベルといえば、カノン。
カノンとえいば、パッヘルベル。

・・・と書けてしまうほど、
わが国ではいわゆる「パッヘルベルのカノン」が、
こよなく愛され、演奏されていますね。

Youtubeでも色々な演奏が見つかりますが、
学生さんの演奏らしきもので、
ちゃんとチェロの通奏低音からはじまっているものを。

(第三パートがヴィオラですね。本来はヴァイオリン3パートです)

一見シンプルなようですが、
折り重なる弦楽器の和音の響きや、
親しみやすく懐かしさを感じさせるメロディ。

細かいリズミカルな音型を連ねて、
頂点のカンタービレに至るまでの感動的な盛り上げ方、
そしてお約束通りにきれいに収まるコーダなど、
愛される理由には事欠かない曲です。

そうそう、これを編曲した合唱曲「遠い日の歌」というのが、
私のいた中学校では毎年の合唱コンクールで人気でした。
私たちのクラスでも歌ったことがあります。
(もっとも私は指揮だったので歌ってないのですが 笑)
「カノン」の人気の一部はこの合唱曲に依っているのかもしれませんね。
歌詞も中学合唱曲ぽくてストーリーがあるようなないような(笑)、
でも印象的な詩です。

しかし。

あまりにも広く愛されているが故に、
クラシック音楽の熱心な愛好家の方々からは、
かえって避けられているような、、、気もします(笑)

きっとその理由は、
実はもともとは「カノンとジーグ」という曲で、
カノンのあとに軽快なジーグを続けて演奏されるよう、
作曲されているにも関わらず、
カノンばかり演奏されるとか※。
美しいとはいえ深みにかけて通俗的であるとか。
カノンとは「輪唱」のことであるのに、
この曲独自の標題だと思われがちだとか。

とはいえ、
やっぱりカノンを聞いて美しいとか、
弾いて楽しいとか感じられるのですから、
メクジラたてることもなかろう、
というのが今の私の考えです。

※なお、こちらのカラヤンのCDでは、ジーグも聴けます。
karahanpahhe.jpg
カノンとジーグ以外にも素敵な演奏が沢山入って、
私はけっこう好きです。



さて、ようやく本題に。


冒頭に書きましたように、

 パッヘルベルといえば、カノン。
 カノンとえいば、パッヘルベル。

と思われていたとしても、
パッヘルベルさんがこの曲しか作らなかったはずはなく(笑)
他にもよい曲が色々あります。

先日、航空機に乗った際に、
機内サービスのメニューにありましたのが、
こちらのCD。

pachel.jpg
パッヘルベル鍵盤音楽 第2集
オルガン/ハープシコード フランツ・ラムル


パッヘルベルの鍵盤音楽集です。

なかみは、
フーガ、トッカータ、リチェルカーレ、コラール、
それに組曲。
バッハのレパートリーでよく見かけるジャンルですね。
組曲がハープシコード、それ以外はオルガンです。


バッハの音楽を、
もう少し単純にして、
精密さを緩めて少しアバウト(笑)にし、
そのかわりに旋律の美しさを増したら、
だいたいこんな感じになりそう。

オルガンは特に響きがどんどん重なって、
豪華な気分になれます。
バッハと違って頭が疲れないのもいいところ(笑)

例えて言うなら。

バッハの音楽が、
フレンチ・レストランで出される、
ミルフィーユだとしましょう。

これ以上ないほど薄いパイ皮をパリッと焼き上げ、
間に数種類のクリームや、
丁寧に下ごしらえされた様々なフルーツをはさんで3段に重ね、
真っ白で大きな丸いお皿の中心にぽつり。
周りには軽くベリー・ソースが流してあるだけ。

これを上手に食べるにはなかなか手ごわいのですが、
パイ皮を丁寧に割って、クリームや果物と一緒に食べると、
口の中で全ての味わいが溶け合います。

甘さはほどほど、むしろ控えめで上品な味わいで、
滋味が感じられ、食べ終えたあとにしみじみと満足。


だとすると。

パッヘルベルの鍵盤音楽は、
パリ・ブレストでしょうか。

シュー皮の間にカスタードクリームと生クリーム、
それからやや大きめに切った果物。
ナイフでざっくり切って頂きます。

やや大味なところはあるものの、
生地、フルーツ、クリームの組み合わせは、
やっぱり美味しい。

ものすごくというほどではないにしても、
バッハよりは甘く、
わかりやすい満足感があります。

収録曲の中では、
9トラックの「Ciacona」のメロディが特になじみやすく、
気持ちよく浸ることが出来ました。
弦楽器で演奏しても楽しそうです。
最後の組曲も明るく華やかで楽しい。

パッヘルベルの鍵盤音楽、
これまではラジオでときたま流れてくるのを聴くだけでしたが、
なかなか楽しいですよ。



-------------------------------
本日紹介しましたCDは、

 パッヘルベル鍵盤作品集 第2集
 オルガン/ハープシコード フランツ・ラムル

でした!

pachel.jpgAmazonHMV
-------------------------------




bann2.gif
「カノン」は、アニメ作品・新世紀エヴァンゲリオンの旧劇場版でも印象的に扱われていました。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

残暑にコロコロと心地よいモーツァルト シフ/ペレーニ モーツァルト三重奏曲集

shiftrio.jpg


みなさんこんばんは。
残暑の続く、京都・東山です。

季節が秋に向かいつつあることは、
明け方のひんやりした空気から、
またちらほら見かける、
黄変しつつある葉の様子などから、
感じることが出来ますが、
やっぱりまだ暑いですね。

秋にはブラームスが似つかわしいとは思うのですが、
初秋というより残暑の候には、
やっぱりまだ涼しげな曲を聞きたい。

クラシック音楽で涼しげな曲というと、
モーツァルトの音楽がいろいろ思い浮かびますが、
いかんせん、
彼はチェロが独奏の曲を書いていません。

そこでモーツァルトの室内楽で、
チェロがよく聞こえてきて、
しかも涼しげなものを、、、と探していたところ、
目に留まったのが今回ご紹介します、
ピアニスト、アンドラーシュ・シフによる、
モーツァルトのピアノ三重奏曲集。

収録曲は次の三曲。

ピアノ三重奏 K502&542
クラリネット三重奏 K498
 「ケーゲルシュタット・トリオ」

普通、この手のCDを紹介する場合、

 ピアノ・クラリネット・ヴィオラ、

という、
珍しい編成のクラリネット三重奏である、
ケーゲルシュタット・トリオがメインになり、
演奏者としてはクラリネット奏者が誰か・・・
というのが話題になると思うのですが、
うちはチェロブログですので(笑)、
チェロの入っているK502と542の三重奏のほうを、
むしろ積極的に聴いております。

この録音では、

 ピアノとヴァイオリンが、モーツァルト本人(!)の楽器

 ビオラも、たぶん、モーツァルトの楽器

だそうです。


話題性は十分ですが、
「だれの楽器か」というのは、
音楽そのものにはあまり深い意味はありませんね(笑)

とはいえ、
モーツァルトの時代のピアノですから、
とても音が軽く、
コロコロと気持ちよく転がっていきます。

もともとシフというピアニストの音には
そういう傾向があると思いますので、
ますますコロコロ。コロコロ。

さらに。

ここからが大事なところなのですが、
この録音ではあのペレーニさんがチェロを弾いておりまして。

モーツァルトの三重奏では、
それほどチェロが目立つわけではないのですが、
それでもペレーニさん一流の、

 「ある」

チェロ演奏を、味わうことが出来ます。

また、チェロには暑苦しさがつきまといがちですが(笑)、
そういうものとは対極的な演奏です。

(ちなみヴァイオリニストは塩川悠子さん。シフの奥さんです)

暑さに疲れた残暑の夜、
少し涼しくなってきた頃に、
心地よく聞ける演奏でした。



なお、私はこちらのボックス・セット

280.jpg HMV

に入っていたものを聴いてますが、
このアルバム単体でもCDが出ておりましたので、
合わせてお知らせいたします。

shiftrio.jpg
HMV


もっとも、上記のボックスセットには、
こちらの記事で紹介しました、
ペレーニ&シフのアルペジオーネ・ソナタも
収録されておりますので、ペレーニファンの方でしたら、
むしろボックスセットのほうを入手したほうが、
美味しいかもしれませんね。




bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コルボ指揮のフォーレ「レクイエム」で癒される、生きている私。

皆様、お久しぶりです。
ククーロです。
予告どおり、更新を再開しますね。


チェロブログではありますが、
まずはこの曲をご紹介したいと思います。


korubo.jpg


ガブリエル・フォーレ 作曲
「レクイエム」
ミシェル・コルボ指揮

第1曲 入祭唱(イントロイトゥス)とキリエ
第2曲 奉献唱(オッフェルトリウム)
第3曲 聖なるかな(サンクトゥス)
第4曲 ああ、イエズスよ(ピエ・イエズス)
第5曲 神羊誦(アニュス・デイ)
第6曲 われを救いたまえ(リベラ・メ)
第7曲 楽園にて(イン・パラディズム)

これまでは、
第4曲「ピエ・イエズス」がなんともいえず美しい、
という印象でした。
特にこの録音はボーイソプラノが絶品。

しかし、この3週間ほどは、
不安や迷いも感じさせる第1曲・第5曲が、
むしろ気持ちに添ってくれるようで、
荒れる、揺れる心を鎮め、
自分の持ち場を守ることに、
意識を向けることが出来ました。


うろ覚えですが、

 レクイエム【鎮魂歌】:生者のための癒しの音楽。

と、「クラシック悪魔の辞典」にあります。


今日は少しチェロも弾きました。


どの方のどのような決断も尊重したいと思いつつ、
色々な葛藤を抱えながらも、
音楽を聴き、また弾いていきたいと、私は思います。

それではこれからも、どうぞよろしく。




bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

あれ、チェロはどこだ? 楽器を聞き分ける耳の不思議。

今朝のことです。


先日購入した、こちらの25枚組ボックスから、

sony25.jpgAmazon HMV


こちらのCD、
ヴィヴァルディの『四季』を聴いていました。


カルミニョーラ&ヴェニス・バロック管弦楽団
carmignola.jpg Amazon
HMV

普段、オーケストラや弦楽合奏を聴くときは、
全体を聴きながらも、
同時に、ほとんど自動的に、
チェロを追ってしまいます。

ところが。

このCDを聴き始めて、
いつものようにチェロを追いかけようとすると、

・・・チェロがいない?

聞き分けられないのです、チェロパートが。

でも、
この曲は他のCDでよく聴いていますし、
実演にも接したことがあります。
合奏の中でチェロがせっせと弾いているはずなのです。

また、全体を聴いていると、
確かに低音パートがあるような響きがする。


ではなぜ、いつもなら、
ほっといても耳に飛び込んでくるはずの、
チェロが聞こえないのだろうか?


しばらく考えながら聴いていて、見つけました。
聴こえるようになりました。
以後、ずっと追いかけることが出来ました。


それでは、はじめ、
なぜ見つからなかったかといいますと。


普通、オーケストラでは、
向かって左から、

 第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ

と並んでいるか、

 第1ヴァイオリン ヴィオラ チェロ 第2ヴァイオリン

と並んでいる・・・ことが多いです。


いずれにしても、チェロは右のほう。


それが、この録音では、

 第1ヴァイオリン チェロ ヴィオラ 第2ヴァイオリン

と並んでいたのです。


オーケストラでも、弦楽合奏でも、さらには室内楽でも、
チェロは向かって右のほうにいることが多い。

そのため、
チェロの音は右から聞こえてくるものだと思って、
そっちのほうを探す習慣がついていたようです。

だから、
チェロが向かって左にいるとき、
耳には音が入っていたはずですが、
頭は右側からチェロの音を探そうとして、
見つけられなかった・・・のではないかと。


なかなか面白い経験でした。


bann2.gif
あ、演奏もキビキビシャッキリな感じで楽しいですよ。


テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

生命力、集中力、躍動感、あふれる喜び! ドゥダメル&SBYOのベートーヴェン。

dudame.jpgAmazon HMV 楽天

6歳のとき、
グスターボ・ドゥダメルのお気に入りの遊びは、
おもちゃの兵隊をオーケストラ型に並べ、
ベートーヴェンの第5交響曲を指揮することでした。

12歳のとき、
地域の少年オーケストラを指揮していました。

その2年後には、
自分自身の室内オーケストラを持っていました。

17歳で、
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの
主席指揮者になり、

25歳のいま、
彼の世代では世界で最も成功している指揮者です。


でも、それは違ったかもしれません。

ドゥダメルはバルキメシトで生まれました。
西中部ベネズエラのララ州の州都です。

75%の人々が貧困線以下で暮らしているこの国では、
多くの人々にとって、犯罪と暴力が生活の手段でした。

ドゥダメル自身が認めるように、
もしも音楽がなければ、
彼もストリートで命を落としていたかもしれません。

「音楽は私の人生を変えました。
 私の周りでは同年代の少年が、
 犯罪と薬物に巻き込まれていました。
 でも、音楽をしていた少年達は違ったのです」

ベネズエラは、
世界のどんな国よりも、
青少年に音楽を提供しています。
苦難に生きる代わりに、です。

ベネズエラの人口はわずか2200万人ほどですが、
そこには、

 125の青少年オーケストラ

 57の児童オーケストラ

 30の成年のプロ・オーケストラ

があります。

**

その組織は、長い名前をしています。

「Fundación del Estado para el Sistema
 Nacional de Orquestas Juveniles
 e Infantiles de Venezuela」

(ベネズエラ国立青少年オーケストラ・システム財団)
(略してFesojiv、フェソジブ。または「エル・システマ」)

しかし、その目的はシンプルです。

「私達の第一の目的は、
 プロの音楽家を養成することではありません。」

「そうではなく、子供達を救済することです」

とはいえ、実際のところ、
フェソジブはプロの音楽家の養成にも成功しています。

その最高峰の合奏団、
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラは、
高い演奏水準と独特の情熱で、
ベネズエラのオーケストラ演奏のレベルの高さを
証明しています。

でも、
フェソジブの最大の成功は、
25万人の子供たちが国中で音楽を学んでいることです。

そして、そのうち9割は、
社会的、経済的に貧しい出身でした。

シモン・ボリバルの講師であるレナー・アコスタは、
強盗と薬物で9回逮捕されたのち、
システマからクラリネットを与えられました。

「最初、私は冗談だろうと思いました。
 誰だって、
 わたしのような子供にクラリネットを貸せば、
 盗むに違いないと思うはずです。
 でも、彼らはクラリネットを貸したのではなく、
 私にくれたのだと気づきました。
 そして、銃よりもクラリネットを持つほうが、
 ずっと気分が良かったのです。」

11歳のエディクソン・ルイスは、
スーパーマーケットでアルバイトをしていました。

その街のストリートでは、
アルコール、ドラッグ、そしてギャングの抗争が絶えず、
彼の行動もだんだん粗暴になっていました。
そのとき、隣人が地域の音楽学校について教えたのでした。

「彼らは私にヴィオラを渡し、
 オーケストラの真ん中に座らせました。
 そこでダブルベースの音が聞こえてきたとき、
 『これだ!これが私の楽器だ!』
 と思ったのです」

15歳で彼は国際ダブルベースコンクールで1位を受賞し、
16歳でドイツで初めてのコンサートを開きました。
17歳で史上最も若いメンバーとしてベルリン・フィルに
入団したのです。

アコスタやルイスのような物語は、
エル・システマで育った、
他の40万人の若者達にもあてはまります。

原則はシンプルです。

子どもは2歳から楽器を与えられます。

システマの合奏団で演奏を続ける限り、
講習、旅費、音楽、そして必要な場合は社会的支援も、
すべて無料で与えられます。

レッスンはグループで行われます。
1、2の音階を習得した子供は、
他のより幼い子供に教えます。

仲間で助けあうことが基本です。

当初から、
オーケストラでの演奏も行っています。
週に6日、1日に4時間、
子供達はともに音楽をつくります。

励ましあうこと、愛情、助け合いと、
純粋な音楽の喜びの中で育った子供達の中には、
10代前半でヨーロッパの音楽大学に入る者もいます。

**

これは全て、1人の男のビジョンでした。

ホセ・アントニオ・アブレウ。

経済学者、オルガン奏者、そして政治家であった彼は、
30年前にその国の社会状況を変えるために
何かをしなければならないと考えました。

ベネズエラにはたった二つのオーケストラしかなく、
それも奏者はほとんどヨーロッパ人だった時でした。

アブレウは11人の若者を集め、
初めてのリハーサルを地下駐車場で行いました。
そして彼らに、
君達がいま歴史を作っているのだ、
と語りかけました。

次のリハーサルのときには、25人の奏者がいました。
その次の日には、46人。
さらにその次には、75人。

ベネズエラの石油ブームの時代に、
アブレウは政府から補助金を得ることに成功しました。
苦境にある子供達を救うことを訴えたのです。

いま、エル・システマには1万5千人の教師がいます。

**

いまは66歳のアブレウは、
17歳のドゥダメルを学生指揮者として抜擢、
その後も大きな影響を与えています。

2人は人道的な思想と、
音楽にはベネズエラの社会を変える力がある、
という信念を共有しています。

そして、ドゥダメルにとって、
このことを最もよく示す作曲家がベートーヴェンです。

「ベネズエラでは、
 ベートーヴェンは私達のシンボルです。

 この音楽は若者にとって、とても重要です。
 もちろん、誰にとってもですが、
 特に若者にとっては、です。

 プロのオーケストラは何百回もベートーヴェンを
 演奏するでしょう。
 でも、私達にとっては新しい音楽なのです。

 第5交響曲はただの音符の集まりではありません。
 誰もが最初のメロディを知っています。
 それは運命です。
 誰にとっても重要な、何かです。
 このことは説明する必要さえありません。

 でも、
 もしもこの曲を最後まで弾けば、
 音楽が展開された後に、
 最終楽章まで到達すると、
 そこには希望があります。

 聴きさえすれば、
 それを音楽の中に感じることが出来るでしょう。

 多くの子供達がストリートから来ました。
 犯罪、薬物、家族の問題などの困難を経験しています。

 でも彼らがこの曲を演奏するとき、
 何か特別なものを感じるのです。
 全員が希望を分かち合います。
 
 そして、驚くべきことが起きるのです。」

ドイツ・グラモフォンでの最初の録音が、
ベートーヴェン、ということにはリスクもあります。
これを選んだ理由は、
この曲について他の演奏以上に何か言いたいことがあるから、
というわけではありませんでした。

「CDショップに行けば、
 何千というベートーヴェンの第5・第7交響曲の
 録音があります。

 私達は若いオーケストラです。
 なぜ、そんな難しい作曲家から始める必要があるのでしょう?

 でも、私は思ったのです。

 『いいじゃないか!』

 若いときにベートーヴェンを知る必要があります。
 技術的にも自分の音を築くのに重要です。
 そして、単純な事実として、ベートーヴェンは天才です。

 第5交響曲は運命と未来。

 第7交響曲は純粋な喜び。

 この音楽のエネルギーは、
 若い奏者にとってファンタスティックです。

 ベートーヴェン自身は、
 このような大きな交響楽団で自分の曲が
 演奏されるのを聴いたことはなかったでしょうが、
 もしも彼がこれを聴いたなら、
 気に入ってくれるに違いないと信じていますよ!」

dudame.jpgAmazon HMV 楽天


******************************************
上記の文章は、CD、

 ベートーヴェン 作曲
 交響曲第5番・第7番
 グスターボ・ドゥダメル指揮
 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

の解説からの引用です。

同CDを聴き終えたあとに読んで、
勢いで翻訳してしまいました(笑)。

生命力、集中力、躍動感、
そしてあふれる音楽の喜び。

気難しいお爺様は眉をひそめられるかもしれませんが(笑)、
ドゥダメルと同世代の私にしてみると、

『Why not?』『いいじゃないか!』

です!

******************************************

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
私よりも2週間だけ、ドゥダメルがお兄さんです。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。