スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロ二重奏は楽しい レッスン#70

3月あたまに発表会。
今回は先生とチェロ二重奏やります。
クンマー作曲、作品22-1、ハ長調。

これ。


全部弾くと時間オーバーなので、
第1・第2楽章からの抜粋になりそうです。
今回は第1楽章。
年末年始に一生懸命練習してきたのですが、さて。

■拍
・定拍で引くのは意外と難しい
・1人だけで弾いてると気づかないもの
・合わせるとますます怪しくなる
【メトロで練習したんだけどなぁ】

■旋律の音量
・しっかり弾く
・ppと書いてあっても聞こえるように
・伴奏のppと旋律のppは全然違う
・絶対的な音量ではなく表現上の強弱
・気持ちとしてはmfくらい
【これは覚えておけばOK】

■旋律から伴奏にうつるとき
・1チェロが伴奏に移るときには2チェロが沈黙する
・なのでそこはしっかり弾く
・1ページ目に三か所ある
【これは覚えていれば大丈夫】

■弦のチョイス
・A線に移弦するよりD線のままのほうが
・A線にうつると音色が大きく変わるので
【特にpのときにはD線のほうが柔らかくていいかも】

■符点リズム
・ここでは後ろの音と次の音がくっつく
・たたん、たたん
・2チェロとずれる。それで正しい
・合わせるとたたたたたたたた
・うしろの音にスタッカート
・だから前の音はすっと抜く
・ボーイングスラーのことを「弓を送る」という
【これ自信もってやるのたいへん】

■裏拍
・裏から表に戻るときが肝心
・そこで混乱しない
・「ここから戻る」とはっきりと
【最初、ぐじゃぐじゃになりました】

■高音
・A線のGとかいきなりビャーってなる
・そうならないように柔らかく入る
・弓の毛をごく少量だけ接して
・冒頭のGは特に<で歌いたくなるはず
【気を付けます】

■歌の都合
・下降音型のときに<だったり
・急に高い音に飛んでもpだったり
・楽器の都合ではなく歌の都合で
・歌えば自然にそうなるように弾く
【弓のどこを使うかとか】


先生との合奏なので色々頼ってしまうのですが、
そうすると違う動きのところで一気にくずれたりとか、
さあてどういうふうに練習をしたものか。


bann2.gif
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

やっぱりバッハは楽しい レッスン #67


相変わらず音程の問題に取り組んでいます。
この半年はト長調音階ばかり練習していましたが(ハ長調も少し)、
バッハ無伴奏1番プレリュードに着手して、ニ長調も必要に。
この曲はチェロを初めてちょうど1年で初めての発表会で
弾いた思い出の曲なのですが、
こうして練習しなおしてみると発見が沢山ありますね。


■セーハ
・ギター用語。左手人差し指で複数の弦を同時におさえる
・Bach1-1ではまず2小節目でA&D線のE&B
・これはト長調の音階をとるときにやっているとおり
・次にC-G-D線のE-Cis-Fis これが難しい
・指板のカーブにそわせることが必要
・指のどのあたりを弦にあてるか
・ひとつは間接の場所との関係で探す
・もう一つは円周上のどこか
・指を先から見て爪が12時とすると8時くらいがいいようだ
・D線は多少おさえが甘くても弓で鳴らせる
・ので、他の2弦を優先する
【セーハはぴたっとそこをとるのが難しい】

■半音階
・指の進行を単純にしておくと分かりやすい
・1,2,3 (シフト) 1,2,3 みたいな
・音程を確認しやすい音に注意してとる
・この場合ならG、C、D、E
・とれるところでよく音を確認しないとどんどんずれる
【ここ盛り上がるんでつい左手の意識が薄くなります】

■高め、低め
・メロディの盛り上がる音は多少高くても
・他にもソロのときなんかは高くてもいい
・低いと全体にどよんってなる
【低ポジションでは指が狭くなって下がりやすい】

■最後のアルペジオ
・高音は多少高めでもいい
・Dをどの弦で弾くか
・D線開放が多いがそれだと音がのこらない
・それに開放弦と4ポジとをひと弓で弾くことになる
・G線で弾いたほうが音は残る
・が、そのぶん左手は難しい
【ま、G線でがんばりましょ】


■まんなかへんのC線のベース音
・腰から弾く
・しっかり長めに出したい。ルバート気味に
・そのためには少し前からrit気味に
・そのあともちょっとaccel気味に
・不自然にならないように前後を工夫すること
・小節ごとにベース音がだんだん下がっていく
・この場合はどんどん音量を上げていきたい
・3拍目に出てくるのはルバートしなくていい
【やっぱり最後は右手の課題になります】




bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

基本の形をおぼえこむ レッスン #66



相変わらず音程の問題に取り組んでいます。

なんせ私は気を抜くとすぐに音程を聞かなくなってしまうので、
丁寧に音程を確認しながら練習することを心がけています。

1年間の休止からのリハビリもだんだん進んできました。
今回は1年目の終わりに発表会で弾いた、
バッハ無伴奏1番プレリュードも少し。


■音階
・ト長調はおおむねいい感じ
・だんだん音程を覚えてきたようだ
・楽器によって共鳴の大きさが違ったりするので注意
・ひとつの調で音階をしっかり覚えれば他の調でも音がとれる
・下降のときのドが下がりやすい
・左手が平行に移動できてないから
・平行移動はしづらいようにヒトの体は出来てる
・どっかが支点になって回るから
【ほとんど半年がかりでト長調やってます】

■和音
・5度はすごくすっきりした感じ
・抵抗がなくなる
・4度はそれに比べると少しわかりづらい
・一発でとるのはかなり難しい
・すぐに修正できることが大事
・それには鳴った瞬間に判別する
・あっているのか、広いのか、狭いのか
【広いか狭いかがすぐには分からないのですよね】

■和音をとる基本の形
・いくつかの手の形
・これをおぼえる練習
・5度と4度で音階の音をとるのはよい練習になる
・バッハの無伴奏などそれの連続
・基本の形で弦をおさえる
・あとは弓で順番に弾くだけ
・と、アルペジオ
・たいていの曲は音階とアルペジオでできている
・あとは半音階
【無伴奏1-1はほんとそんな感じ】

■カエルの歌一人二重奏
・ハ長調で、G線のCからスタート
・2小節目(?)から重奏に
・2小節目はG線で1部、C線で2部
・ドで重なるところ(グワッ)はC線だけにする
・和音をとりながらシフトする
・よい練習になる
・わかってみるとなんてことはない
・その割に演奏効果が高い
【これ楽しいですよ】


そろそろ次の発表会の曲を考えなくては。
どんなんがいいかなー。
チェロ二重奏も楽しそうなんだけどなー。




bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

5度の響きを覚えよう レッスン#64



今回のレッスンも音程の問題を中心に。

■調弦
・フラジオで合わせるときには音色が問題
・低弦のほうが音色が曇るぶん低く聴こえる
・音色にまどわされずに純粋に高さを聴く
・のはちょっと難しい
・開放のまま5度で合わせるという手がある
・広いのか狭いのか分からないときは変えてみる
・上駒(?)のすぐ下を押さえるとその弦が少し高くなる
・から、どっちの弦の音を上げたときに合うかで分かる
・低弦を上げて合うなら低弦が低いということ
・高弦を上げて合うなら低弦が高いということ
・五度があうと空っぽな感じの響きになる
・右手もも大事
・弦をおさえつけてしまうと音が上がる
・それを避けるために弓先のほうでやるといい
・低弦はより難しい
・弦の振動数とうねりの振動数が近づくから
・聴き分ける
・A線から完全五度で合わせるとC線は平均律より結構さがる
・ピアノと合わせるためにちょっとずつ妥協したりはする
【五度は少し外しても不協和度(?)が低いのでよく聴かないと】

■シフト
・音を覚えていればなんてことない
・その音になるところを狙えばいいだけ
・前のポジションのどの指だったか
・頭の中に地図をつくってそこへ指を置く
・とはいえぴたっと合わないもの
・移動後の一音目を聴いてすぐに修正する
・A線の上をポルタメントで練習するといい
・C-D-C、C-E-C、C-F-C、、、、
【再開後、はじめて1ポジから離れました】

■音階
・導音のひとつ前がポイント
・ラ→シ→ド でシだけ上げるとラ-シが広すぎる
・ラも少し高くした方が自然に聞こえる
・やりすぎない
・導音の音程は数学的に決まらないので最後は感性の問題
・ドレミファ と ソラシド はかなり違う
・例えばこれでミが高いとヘ長調のように聞こえるわけ
【なるほど!】

■調性
・ハ長調は素朴な感じの曲が多い
・素朴さを表現したければ導音を低めにとるといい
・調性格は弦楽器の調弦に影響を受けているようだ
・例えばニ長調は明るく華やかなイメージ
・理由はたぶんヴァイオリンがよく鳴る調弦だから
・有名なVn協奏曲はニ長調ばっか
・ところがチェロではそうでもなく
・ト長調のチェロ協奏曲ってあんまりない
【そういえば調性格の考察をちゃんとしてなかった】

■バッハのメヌエット
・シフトは音が分かってれば問題ない
・ハ長調からト長調に転調する
・導音が変わるので注意
・転調中のB-CのBは導音じゃなくて、Fis-GのFisが導音
・気分を変えて
【ちなみにチェロのト長調は爽やかな青空のイメージ】


再開からそろそろ半年、だんだん思い出してきました。
チェロ楽しいですね。
年内に前のところまでたどり着けるかなぁ。

bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

弓が動き出すと レッスン#63


スズキ1巻から、最後の曲、バッハのメヌエット。
今回は運弓を中心に。

■運弓は中心から
・手先で弾こうとすると音量が出ない
・より体の中心に近いところから
・二の腕、肩、胸、腰
・腰から動き出して手先はそれについてくるような
・しなやかに
・とはいっても体全体がクルクル回ると困る
・中心から動かすと弓先まで来てもまだ余裕がある
【そうだそうだ、そうでした。忘れてました】

■弓は面の中で動く
・となりの弦をひっかけない方法
・弓の毛の動きを線でなく面でとらえる
・弾く弦に接し、他の弦には接しない面をつくる
・その中でだけ動く
・4本の弦に一つずつ+重音3つで7つの面
・大事なのはそのうち2つだけ:D線とG線
【いったん面がイメージ出来たら簡単】

■移弦は曲線で
・カチカチ弾くのではなく
・丸いカーブを描いてすっと入る
・でないと音がつながらない
・切りたいときには普通に弾けば勝手に切れる
【これも忘れてた】

■左手はスタンプ
・バッハの左手はかちかちと
・力を入れるわけではないけれど
・ポン、ポン、と弦に指を置いていく感じ
・あとの仕事は右手でする
【右と左の意識の違いが結構難しくて】

■楽器の都合ではなく
・下降のときには下がるほどしっかり弾く
・でないと音量が小さくなりすぎる
・楽譜に小さくって書いてあっても
・特に弦が移るときに注意
・A線解放とかびゃーびゃーいう
・なのでf表示でも強く弾かないほうがいいことがある
・弾き手の気持ちではなく出てきた音がそうなるように
・楽器によっても癖が違う
・プロの人はたいてい本能でやってる
・だから意識できていないことがある
・しかしそれだと教えられない
【私の楽器はやたらとC線が共鳴します】


やっぱり弓が動き出すと音楽になってきますね。
もうちょっと頑張って仕上げていこう。


bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。