スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習しないと上手くなるのはレミニッセンス


今日は弦楽器フェアの記事の続きを書こうと思っていのですが、
そのまえに、このまえからの宿題を。


すこし前に、
「練習しないと上手になる」という記事を書きました。

チェロは練習しないと上手くなる?
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-350.html

それに関して、、
コメント欄にて、はる様よりみかんぴあの先生の
ブログをご紹介頂いております。

練習してもうまくいかない時はレミニッセンス☆
http://mikeneko105.blog63.fc2.com/blog-entry-364.html


また、しるくらさんも関連記事を書かれていました。

じょうずに上達する
http://silky-wind.at.webry.info/201011/article_5.html

さらに、少し前ですが、
ナランさんも同じ現象を経験されているようです。

練習しないで上達???
http://d.hatena.ne.jp/narunarunaran/20101020



練習直後よりも、
しばらくおいたあとのほうが上手に弾ける。

これは「レミニッセンス」という現象だそうですね。
なるほど、私でも見つけられるような現象は、
とっくに研究されて名前がついている(笑)

そして、
みかんぴあの先生のリンク先では下記のように説明されています。

記銘学習の際、学習が不完全な場合に学習直後よりも
しばらく時間が経過してからのほうが再生量が向上する現象のこと。


漢字多い(笑)
これを翻訳しますと、

・何かを覚えようとするときで、

・まだ完全に覚えられていないときは、

・覚えてすぐにテストするよりも、

・しばらくたってからテストしたほうが、

・なぜか成績が良い。

といったところでしょうか。

また、

レミニッセンスは、運動学習の場合にも見られる。


とあります。

器楽演奏は体の「運動」に他なりませんので、
(のわりには、音楽と体育の両方が得意な人は少ないような・・・)
楽器の学習にもあらわれる、と。

さらに、

レミニッセンスが生じやすいのは、
原学習の学習程度が中程度のとき、
原学習の提示速度が速いとき、
分散学習よりも集中学習のときである。


とあります。

なんだか専門用語のオンパレードですが、
おそらく、

・レミニッセンスが生じやすいのは

・まだよく覚えられていないとき(だけど全く初めてではない)

・ゆっくり読む(聞く)よりも早く読んだ(聞いた)とき

・一回で集中して覚えようとしたとき


ということでしょうか。あんまり自信ない。

これを楽器の練習に翻訳しようとすると、

・一応できるけど、まだきちんとは弾けないフレーズ、技術

・ゆっくりよりは、ある程度速い速度で練習したとき

・少しずつバラバラにではなく、続けて長時間練習したとき

に、
レミニッセンス効果が現れやすい、
ということのようです。

なお、
これはあくまで、
「レミニッセンス効果が現れやすい」
というだけのことで、
このように練習するのが良い、
という意味ではないのでご注意を。



記憶と忘却の仕組み。

楽器の練習にも上手に活用したいものです。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

チェロは練習しないと上手くなる?


ふたつのケースがあります。


ひとつめ。

ときどきですが、
しばらく練習できない日が続いたあと、
久しぶりに楽器を弾いてみると、
なぜか、
以前よりも上手に弾ける、
ということがありました。


ふたつめ。

「部分練習」をせっせとしてしているとき。
ゆっくりにしても、
どうもうまく弾けない、
というときがあります。

また、何箇所かをじっくりやったあと、
仕上げに、と思って、
「通し練習」
をしてみると
やっぱりうまく弾けない。
部分練習のときは出来たのに。

という場合に、
いったんそのときはあきらめて、
寝てしまいます。
(練習はたいてい夜なので)

そして、次の日に「通し練習」をしてみると、
なぜか出来るようになっている、
ということが、
よくあります。



ひとつめ、長期間の休止のほうは、
しばらく楽器に触れないうちに、
弾き方のクセとかがリセットされて、
より素直な弾き方になっているのかな?と想像します。

ふたつめ、いちにちのほう、
私は、

「ひとばん寝かせる」

と呼んでいます。

想像しますに、
脳の中で何かが起きているのではないか、
と思うのですが、脳科学の知識がないので、
よく分かりません。

でも、記憶テストなんかは、
一晩寝たほうがよく出来るとも聞きますから、
何か関係があるのかもしれませんね。


「練習しないと上手くなる」
と、タイトルに書きましたが、
より正確には、

「練習したあと、練習していない間に上手くなる」

ということですね。
だから、
「練習しなくても上手くなる」
とは違います。当たり前か(笑)







テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

練習できない日々は・・・

先週、夏休みで沢山練習できたと思ったら、
その反動で仕事がたまり、
全く練習できない日が続いています(笑)

このでこぼこはどうしたものか。

明日からは出張だし、
また素振りでもしますかねぇ。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
思わず「練習できない記録」というカテゴリをつくってしまいました(笑)

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

やっぱり効果あり! チェロの「素振り」練習法

やっぱり効果あり! チェロの「素振り」練習法


先日の記事で、
旅行中にもできるチェロの練習として、
「素振り」などの工夫を書きました。

意外にいいかも!「素振り」で旅行中にもチェロ練習
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-238.html


(1)左手の運指:頭の中に音を鳴らして
(2)ヴィヴラート:どこでも
(3)指弓:ぐにゃぐにゃ運動
(4)右腕:素振りはけっこう効果的?
(5)歌う





先日京都に戻りまして、
久しぶりにチェロを弾いてみたところ、
いつもよりも「ブランク」感が少ない!

右手も左手も、
あまり感覚を忘れていないというか。

右手は、
弓を持つ感じ、
肩から下の振り方、
弦にひっかけて引っ張ること、
デタシェなどなど。

左手は、
指の開きかげん、
指板に対する角度、
ポジション移動のときの狙い、
和音の押さえ方などなど。

それほど苦労せずに、
「いつものように」という感じで、
練習を始めることが出来ました。

それだけでなく、
いくつかのポイント、
例えば右手(腕ではなく)の脱力なんかは、
以前よりも出来るような気がします。


毎月のように一週間ほど京都を離れるので、
その間に「もどってしまう」のを、
多少なりとも防ぎたい、
と思って「素振り」をしてみましたが、
一般的な練習として上達のためにも、
効果的なのかもしれませんね。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
工夫!工夫!

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

意外にいいかも!「素振り」で旅行中にもチェロ練習


みなさんこんにちは。
関東方面に出張中のククーロです。

昨年から仕事の内容が少し変わり、
国内・海外問わず、月に1、2回は出張に。
一回の出張は1週間くらいになることが多く、
合計すると、1年のうち3か月は、
ホテルで暮らしていることになります。

ということは、
その3カ月(こまぎれですが)は、
チェロが弾けないということに!

折りたたみ式のサイレントチェロや、
下の記事で紹介しました、
grasshopperを買ってみようかと、
だんだん本気で考え始めました。

やっぱり餅は餅屋:ありました!ポータブル・チェロ !
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-116.html


携帯チェロ・グラスホッパーのご紹介
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-117.html



さて。


出張だからといって何もしないと、
帰ってきたときには1週間のブランクがあり、
せっかく身に着けた技術もかなり落ちてしまう、
ということがよくあります。

仕方がない、と最初は思っていました。

しかし、
「本当に仕方がないのだろうか?」
「何か出来ることはないだろうか?」
と考え直しまして、
最近は次のような練習をしています。


(1)左手の運指:頭の中に音を鳴らして
弦はありませんけれど、
左手のフォームはある程度覚えていますので、
右腕を指板にみたてて、運指の練習。
ひとつずつ、頭の中で音を鳴らしながら、
押さえていきます。
楽譜を持っていけばさらうことだって出来しまいます。
特にポジション移動の感覚を保つのに効果的なようです。

(2)ヴィヴラート:どこでも
同様に、あるいは机の上で、
ヴィヴラートの練習。
これは旅行中でなくともやっていますが。

(3)指弓:ぐにゃぐにゃ運動
今度は右手。
ペンを指先でつまんで右手のぐにゃぐにゃ運動をします。
これは右手の脱力に効果的なのだそうです。

(4)右腕:素振りはけっこう効果的?
完全に「素振り」なのですが、
椅子に座って右腕で弾くマネ。
あまり意味がないかな?と思いきや、
意外に良いかも。
というのは、
音が鳴らないので、
フォームに集中出来るのです。
よく、右腕は肩から大きく動かすようにといわれますが、
(私の先生は腰も使えといいます)、
「素振り」だと肩の状態に注目しやすい。
今回の出張での発見でした。
鏡を見ながらやるとさらに◎。

(5)歌う
自分が今弾いている曲を、
楽譜を見ながら歌います。
これも、「奏でる」技術を気にしなくていいので、
楽譜をよく読んで曲を理解するのに効果的なようです。



ま、それでもやっぱり楽器があるのがイチバンなのですけど、ね。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
ほんとに買おうかな、グラスホッパー。

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。