スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと振れ幅の大きなビブラート! ミッシャ・クイント氏の「G線上のアリア」



ビブラートが凄いです。

好みを言えば、
バッハでここまでやらんでも、と思いますが(笑)
ビブラート練習中の私としては、
「そうかここまでかかるのか・・・」と嘆息。

奏者はMisha Quint氏。
ミッシャ・クイントとお読みするのでしょうか。

Webサイト
http://www.mishaquint.com/

Amazonではダウンロード販売があるようです。

quint.jpg
Valse Sentimentale



うーん、しかしこれはすごい。


そうそう、ビブラートと言えばもう一人、
こちらの女性奏者の方も素敵です。




bann2.gif
クイントさんは開放弦も結構使ってますね。
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

ため息。

なにはともあれいちどご覧ください。




2009年に行われた、
第62回全日本新体操選手権大会(団体)より、
1位となった青森大学の演技。

例によって私としては、使われている音楽が、
特にそのなかの弦楽器が気になってしまうのですが、
今回はすぐに演技に意識を奪われてしまいました。

体操に詳しい方がご覧になれば、
この演技のどこがどうすごいのか、
より詳しくわかるのだろうとは思うのですが、
全く知識のない私から見ても、
息をのむ美しさです。


公式ブログにで背景が書かれています。
日本体操協会公式ブログ 【レポート】

また、新体操の指導者の方のブログに、
さらに詳しい経緯が書かれています。
Aomori Yamada RG BLUE=大坪政幸

上記をお読みになったあと、
ぜひもういちどご覧ください。


なお、上記で使われている曲は、
こちらのアルバムより、第7曲「Blue」です。

blue.jpg
D.F.O. "Runner"

(リンク先で冒頭を試聴できます)


bann2.gif

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

モーツァルト・ホルン協奏曲に低音パートの面白さを聴く

たまたま、モーツァルトをちょっと聴きたい、
と思ってYoutubeを検索しましたところ、
次の動画が上位にでてきました。



名手ラデク・パボラク氏のホルンの充実した音、
安定感のあるよどみない表現が素晴らしい!


…とは勿論思うのですが、それよりもこの演奏、
オーケストラの低音パートがすごくいい仕事してると思いました!

モーツァルトの協奏曲ではよくあるように、
冒頭しばらく、独奏ホルンが入ってくる前に、
ヴァイオリンを中心とする序奏があります。

しかしそこで、
ポポポポとかポンポンと聴こえてくる低音。
おそらくチェロ&コントラバスだと思うのですが、
これが音楽の流れをつくっているのがよく分かります。

42秒頃、いったん低音パートが抜けます。
それが48秒頃にまた戻ってきますが、
このときの印象の違いを聞き比べていただくと、
なおよく分かるのではなかろうかと。

モーツァルトにはチェロの独奏曲がない、
ということで、チェロ弾きとしては若干残念でもありますが、
これだけ「これだ!」という役割が与えられていると、
伴奏は地味でつまらない、などという文句は全然出てきません。

私はこれまで合奏をしたことがないので、
低音パートを弾いた経験はほとんどないのですが、
これなら弾いてみたい、と思いました。

モーツァルト・ホルン協奏曲第1番。 K.412+K.514。
覚えておきます。




bann2.gif

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

テトペッテンソン♪






先日は暑苦しい動画を紹介してしまいましたので、
本日はかわいい音楽と映像でお口直しを。

この曲、
「みんなのうた」で放映されていたそうなのですが、
私はテレビを見ないので全然知りませんでした。

あるところで偶然この歌詞をみかけまして、
「変なの 笑」と思って調べてみたら、
こういうパラパラ漫画をつくった方が
いらっしゃった、というわけです。

普段はクラシック音楽のことばかりの当ブログですが、
日曜日の朝には、こんなので和むのも良いでしょう。


最後のターンの犬がかわいい。


bann2.gif
てっとれらっとれらっ!

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

暑い夏にますます暑苦しい、フォーレ。





「夢のあとに」の演奏をYoutubeで探していて見つけました。

冒頭にいきなり出てくるよく分からない動くものは、
あやつり人形です。

のっけから暑苦しいですが、
暑い夏にはあえてもっと暑そうな映像を見る、
というのも私は結構好き(笑)

とはいえ、それよりも、
「砂地じゃエンドピン止まらなくて弾けないのでは?」
「こんな日差しにあてたら楽器が狂ってしまうのでは?」
と心配になりますが・・・

ちなみに普通に弾いてるところはこちらで見ることが出来ます。


チェロ奏者のTina Guoさんは、
上海生まれでアメリカ在住。

オフィシャルサイト
http://www.tinaguo.com/


姓の"Guo"は、
たぶんですが「郭」だと思います。

(知人の中国人でいます。
日本では「カク」と名乗ることが多いそうですが)


エレクトリック・チェロも弾くようで、
こんな動画も見つかりました。

私はおっかないのであまり聴きません(笑)
なので貼り付けずにリンクだけ。


Tinaさん、
なんというか、癖になる感じの演奏だと、
私は感じました。



bann2.gif
チェロの音ってどうしても涼しげにはなりにくいですよね・・・

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。