スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはどの指?の初体験: ヘソと運指とおくりびと

前の記事で、
マイスキーの弾く「おくりびと」のテーマ曲を紹介いたしました。

映画の中で、本木さん演じる主人公は、
職を失ったチェリスト、という設定。
故郷に戻って別の仕事を始めるわけですが、
その後もところどころにチェロを弾くシーンが登場します。

中には田んぼのあぜみちで一人、なんてのも。
途中から手と音楽が合わなくなってクラっときたり、
チェロに直射日光はまずいのでは・・・
という要らない心配もしてしまいますが(笑)
山並みと青空のもとでの演奏シーンそのものは大変美しく、
またテーマ曲も弦楽合奏の伴奏つきで、気持ちよく浸れました。

(余談ですが、ロケ地にはそのときのイスがそのまま置いてあるそうです)

さて。

ブログの名前から明らかですが、私は好んでチェロを弾きます。

同映画は素晴らしいと思うのですが、
あまり「流行りもの」は好まないヘソマガリなので、
このテーマ曲を弾くのは、これまでちょっと避けていました。

それには、
チェロを始めたのが、
ちょうど映画が公開されていた頃だったので、
 「10年前からやるって決めてたし。」
 「映画みて急に始めたんじゃないし。」
という妙な(でもよくある:笑)意地を張っていた、
というのもあります。
(チェロを始めたイキサツについてはこちらの記事をどうぞ)

ですが、
映画のサウンド・トラックとは相当異なる、
マイスキーの演奏を聞きまして、
映画から離れても素敵な歌だなあと思いました。

また、聞いたところ、難しい運指はなさそうですし、
高音域もさほど使わなさそうです。
これなら、出来はともかく、自分でも弾けそうです。
曲がったヘソを直しまして、弾いてみることにしました。

早速、楽譜を入手。
@Eliseのダウンロード販売を利用しました)
さてここで問題。
私は曲を聞いても調がわかりません。
ですので、楽譜を見るまでは、
フラットが沢山付いてたらどうしよう?とか心配するのです(笑)

が、

シャープひとつ、ト長調。途中から並行調のホ短調に転調。
うん、これなら弾けそう。ト長調はバッハで散々練習したし。

で一安心です。


さて、入手した楽譜には、
運弓は指示されていましたが、
運指が書かれてありません。

イチから自分で運指を考える?初体験です!

まあやってみよう。
運指を考えながら2時間くらい、弾いてみました。

気づいたこと。

開放弦まわり
・開放弦を使いやすい。DとかAとかよく出てくる
・でも長い音で開放弦だとヴィヴラートかけられない
・ひとつ下の弦を使うにはその前にいる場所が問題になる

弦の選択
・移弦するか、同じ弦でポジションを移動するか
・移弦したほうが音程は安定する
・ポジションを動かしたほうがまとまって聞える。弓も楽なことが多い。

指の選択
・場所によっては、選択肢がけっこうある
・2指が一番力が入るしヴィヴラートもかけやすい
・次の音に動きやすい指をとるか、その音を弾き易い指をとるか

拡張
・拡張でとるか、ポジション移動するか
・それによって前後のつながりが変わる
・すぐに戻るなら拡張?次もあるならシフト?
・そもそも、どこまでのまとまりを同じポジションでとるか

もちろん、
このそれぞれはお互いに関係していますし、
運弓との関係もあります。

高いポジションでは(他の条件が同じなら)駒寄りを弾きますが、
次の動きのために全弓を使っておきたいところでは、
低いポジションで指板よりを弾いたほうが楽、とか。
移弦によって音色が変わるのも、
あまり差ができないように、という運弓の課題ともいえます。

なるほど、
こういう色んな要素を考えて、
そしておそらくならもっともっと色んな要素を考慮に入れて、
先輩方は、
「この曲の、この場所では、どんな運指・運弓で弾くか」を、
考えているわけですね。

私の専門でいくとこれは、
典型的な、
「条件付最適化問題」ですね。

あるいは見方を変えると、
「非線型連立偏微分方程式」でもありますね。

うんうん、好きな種類の問題です。


面白い。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

素晴らしい「であいもの」  マイスキー 久石譲/おくりびと [チェロCD26]

4109040922.jpg


本日紹介します演奏は、
 CD マイスキー ベスト・アルバム より、
 久石譲 おくりびと
 チェロ ミッシャ・マイスキー
 ピアノ リリー・マイスキー
です。


以前から読んで頂いている読者の方ならご存知のように、
私は色々なチェロ奏者の演奏を、
あまりこだわらずに聴いています。

「この曲ならこの人の演奏が好き!」
という好みはありますが、
どのチェロ奏者の演奏も、
それぞれに、楽しんでいます。

まだ取り上げていない高名な演奏家の方は、
私がその方々の演奏を好まないからではなく、
これまでに紹介した曲では、
他の方の演奏のほうが私が好きだったからか、
まだその演奏を聴いていないか、です。

さて、本日紹介します演奏は、
「まだ取り上げていなかった」方のお一人、
ラトヴィア出身のチェロ奏者、
ミッシャ・マイスキーによる演奏です。
曲は久石譲氏の作曲による、
映画「おくりびと」のテーマ曲。

映画は映画館で見ました。
劇中の曲はわれらが古川展生さんが弾いてらっしゃいます。
だからわざわざ映画館にいったところ、
曲よりもお話のほうに感動!・・・ですが、
映画の感想はまた別の記事で。

マイスキー氏はこの曲を気に入ったのかどうか、
来日した際のコンサートでアンコールに弾いていた、と、
ダンベルドアさんmorpheus-celloさんのブログにて、
紹介されていました。

そう聞いて、なるほどマイスキーのチェロは、
この曲にぴったり合いそうだな、と思いました。

それで、こちらの記事のコメント欄にて、

「小曲集も(むしろ、小曲集が?)素敵なので、
今度だすときには是非、おくりびとも入れて頂きたいですね!」

と書きましたところ、

morpheus-celloさんより

「その、「おくりびと」ですが、すでにベスト版CDに入っておりますよ☆
映画に出てきた山形の山々が眼に浮かぶような、素晴らしい演奏です♪」


と、教えて頂きました。
それでさっそくAmazonにて注文。


感想は、素晴らしい!


演奏は予想通り、
劇中の古川さんのものよりも抑揚に富んだ、
超ロマンチックでたっぷりの演奏です。
あのホワッとした音色で、
テンポも音量も揺れる揺れる(笑)

おそらく、
これをして「不安定な演奏」と感じる方や、
濃すぎてウゥってなる方もいらっしゃるかと(笑)

そう、
これまでに「チェロCD」のカテゴリで、
マイスキーの演奏を取り上げてこなかったのは、
今までにとりあげた曲では、
彼のこういうスタイルが、
必ずしもピタっと来ないような気がしたからでした。


ただ、この曲に関しては、私は文句ナシです。


古川さんの演奏も素晴らしいものでしたが、
優しく大らかで、どこか、
懐かしさ、慈しみが感じられるこの曲と、
マイスキーの、
感情の起伏が大きく、
ファルセットのような独特の透明感のある響きは、
最高の取り合わせ、
正に「出会いもの」であるように、
私には思われます。



-----------------------------------------------
本日紹介しました演奏は、
morpheus-celloさんに教えて頂きました、
 CD マイスキー ベスト・アルバム より、
 久石譲 おくりびと
 チェロ ミッシャ・マイスキー
 ピアノ リリー・マイスキー
でした。

4109040922.jpg Amazon楽天HMV
-----------------------------------------------

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

やわた市民音楽祭 第九&委嘱初演「八幡縁起」 


演奏会に行ってきました。

やわた市民音楽祭
 平野一郎 「八幡縁起」(委嘱初演)
 ベートーヴェン 交響曲第九番
 管弦楽 八幡市民オーケストラ
 合唱  市民音楽祭第九合唱団
 指揮  藏野雅彦
八幡市文化センター
2010年1月24日


知人の知人が八幡市民オーケストラでヴァイオリンを弾いておりまして、そのツテで紹介していただきました。
(そのアマチュアヴァイオリニストの方も、実はちょっとだけ接点があるのですが、先方は覚えてないだろうと思います。大学の先生と生徒、しかもひとつ講義をとっただけなので・・・)

一曲目、委嘱初演の「八幡縁起」は、
平野氏に八幡市から委嘱されたそうです。
八幡様の降臨とその後の物語、という設定。
現代音楽なだけに、難しそう。
(なんとホルンが6管!)

お囃子をイメージしたであろうピッコロの旋律や、
弦の人達の足踏み(指揮者もやってた!足で指揮!)、
バルトークピチカートの連打など、
面白い曲でした。

後半。

弦の配置は最近見かけるようになった、
第二ヴァイオリンが上手前方にいるスタイル。
さらにチェロが下手側で、
下記のようになっていました。

ベース
     チェロ ヴィオラ
1stヴァイオリン  2ndヴァイオリン

低弦がすべて下手側から聞こえてくるのは、
最初はさすがに違和感を感じます。
すぐになれましたが。

第九は、あまり演奏会に行かない私でさえ、
何度もホールで聞いたことがあります。

しかし、チェロを始めてからは今回が初めてでした。
それで、
今までと見方がずいぶん変わったことに気がつきました。
内声や低弦がよく聞こえてきます。
意識しなくても。

見てて面白かったのは4楽章。
・始めは弦だれも弾いてない?
・チェロとヴィオラのユニゾンがあるみたい
・ピチカート楽しそう
・コントラバスがヴァイオリンとカノン?はやっ!
・弱音ではほとんど弓を動かしてないように見える
・合唱が盛り上がってるときはオーケストラもけっこう大変そうだ
などなど。

ほかには、管楽器ってみんなソロだから、いいところで失敗したら目立つなぁとか、合唱の男声が人数半分なのに女声よりもよく聞こえるとか、ソリストは以外に出番が少ないとか、金管はさらに出番が少ない、とか。

私のような「ゆるい」ファンでも、10年クラシック音楽ファンをやっていれば、当然、聞きなれたはずの曲です。実際に二年に一度くらいはコンサートで聞いてきましたし、CDもワルター、フルトヴェングラー、カラヤンのものを持っています。でも今までは、耳がメロディを追っていることが多くて、誰が、なにをしているのか、あまり聞こえていませんでした。

そうか、ああやって演奏してたのか。

いつか自分が弾くかもしれないと思ってみると、
ずいぶん違うものですね。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

小倉百人一首から、春秋の歌

FC2ブログのトラックバックテーマが、
「好きな「詩」はありますか」だと、
poplogさんのところで知りました。

詩は・・・現代詩だと谷川俊太郎さんの作を教科書で習ったのが
印象に残っているくらいで、あんまり意識したことないです。
ほら、器楽奏者ですので(笑)

(そういえば「器楽vs声楽」という話題を、
 ダンベルドアさんも取り上げてらっしゃいました)

ところが、短歌も詩だろう、とpoplogさんはおっしゃいますので、
それに従いますと、百人一首もOKなら、「好きな詩」はあります。

小倉百人一首は中学校のときに暗記しました。
確か中2で全部覚えたはずです。
そのわりにカルタ取りは弱かったのですが・・・

当時はほとんど意味など分かっておらず、
ただ、語呂のよさには惹かれました。

後年、だんだん意味が分かるようになると、
恋の歌が圧倒的に多いことに気づき、
いわゆる「恋に恋する」年齢でもなくなると、
ちょとそのリアリティの問題があったりとかして(笑)、
素直に「この歌が好きです」とは思わなくなってしまいまして。

でも、季節の歌は好きです。
京都に住むようになってからはなおさら。

何と言っても、歌に読み込まれたその場所が、
通勤途中のあちこちにあったりしますから、
そういう意味での「リアリティ」は抜群です。

さて、私の好きな「季節の歌」を、
百人一首からいくつか。



まずは春。

いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな
(伊勢大輔)

花の色はうつりにけりないたづらに わが身よにふるながめせしまに
(小野小町)

久方の光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ
(紀友則)




先日、インドネシアからのお客様を円山公園にご案内したところ、
桜の開花時期について尋ねられました。
わずか一週間ほどであること、
その年の気候によって前後すること、
そのため天気予報で桜の開花情報が知らされること、
などをお話しいたしました。

すると、

「やっと分かった!どうして日本人がいつもあんなに素早くて急いでるのか!桜が一週間で散ってしまうからだ!」

とのこと(笑)
インドネシアはいつでも夏、ですからね。

英語で"Cherry brossum"といってしまうと、
桜のはかなさが減じるような気がしまして、
外国の方と桜の話をするときにはまず、
「Cherry brossum is called "Sakura" in Japanese.」
から入ります。

散るからこそ美しい、サクラ。

そういえば今は受験シーズンでもありますね。
サクラサク、といいですね。




秋。


白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける
(文屋朝康)

村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧たちのぼる秋の夕ぐれ
(寂蓮法師)

秋風にたなびく雲のたえ間より もれいづる月の影のさやけさ
(左京大夫顕輔)




源氏物語には、春と秋のどっちがいいか?
という議論を姫君たちがする場面があります。
どちらを好むかで、どのような庭をつくるかが変わったり。

秋が好きだからということで、
「秋好中宮」(あきこのむちゅうぐう)
と呼ばれる方もいらっしゃいますね。

そうそう、
若き源氏がライバル頭中将と「青海波」を舞ったのも、
秋の紅葉の宴、朱雀院の御前でした。

私としましては、
秋といえばブラームスですが、
こちらの記事でも書きましたように、
光と影の両方を感じさせる秋の趣は、
ひたすらに明るく華やかで美しい春とはまた違って、
しみじみとした味わいがあります。

百人一首には秋の「光」を強く感じさせる歌もありますが、
今回は、どちらかというと「影」のほうをとりました。

露、霧、月、風。

「つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける」なんて、

寂しくて美しくてたまりません(笑)



そうそう、百人一首、秋、源氏物語、ときたら、
当然この方を忘れるわけにはいきませんね。


めぐりあひて見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし夜半の月かな
(紫式部)




音楽一辺倒(by ゆきしんまるさん)の当ブログですが、
本日は「好きな「詩」はありますか」というテーマにあわせて、
小倉百人一首から私が好きな、春と秋の歌をご紹介いたしました。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

練習曲選び   レッスン#25 


今回は発表会のあと、初めてのレッスン。

色々事情があって、練習はナシで今後の方針相談となりました。
曲集をいくつかとドッツァーを持って教室へ。

どうせならと一計を案じまして、
持ち込んだ曲集etcから先生に色々弾いて頂きました。
いい音を生で堪能(笑)


1.バッハ

これからも進めていきたいと話したところ、

・1番から順にやっていく
・好きな曲を選んで練習する
・プレリュードだけ全曲制覇を目指す

という選択肢があるけれど? 
ということでした。

どうしようかな。
性格的には、1番プレリュードの次は、順に、
アルマンド、クーラントと進めていきたいところです。
ただプレリュード全曲制覇も魅力的。3番とか弾きたい。
もうちょっと考えて決めよう。


2.小品

先日の発表会の時に客席で聞いてもらった知人から、
お祝い(?)として下の曲集を頂きました。

「チェロレパートリー ポピュラー&クラシック名曲集」

磯部朱美子氏による監修で、ヤマハから出ています。

伴奏CD付き。パソコンを使えば再生スピードが変えられるので、
面白い練習が出来そうです。

収録されているのは、

・スマイル
・いつか王子様が
・サムディ
・美女と野獣
・ララルー
・星に願いを
・青春の輝き
・My hart will go on
・主よ、みもとに近づかん
・野バラに
・亜麻色の髪の乙女
・別れの曲
・アルベニスのタンゴ
・君こそ我が思い
・亡き王女のためのパヴァーヌ
・スペインのセレナード
・鳥の歌
・白鳥
・愛の挨拶
・リベルタンゴ
・プレリュード(無伴奏1番)
・24のカプリースより、第24曲

前半のほうは、かなり簡単に編曲されているものが多く、
遊ぶには楽しそうですが、練習課題としてはイマイチかなぁ。
もっとも、
こういう曲を弾いて素晴らしい演奏をするのは、
実はとても難しいのだろう、とは思いますが。

やってみたいのは、

・リベルタンゴ
・亡き王女のためのパヴァーヌ
・鳥の歌
・24のカプリース

くらい。スマイルもいいかも。

「チェロ名曲31選」からだと、

・夢のあとに
・シチリアーノ
・G線上のアリア
・愛の挨拶

くらい。どうしようかなぁ。

もうひとつ、こっそり練習してる曲がありますが、
これはレッスンでみてもらおうかどうか、まだ考え中。

3.ドッツァウアー
全音のInternational Standardから、練習曲集1と2を入手。
結構好きです、こういうストイックなのも。

・全部やる必要はない(同じようなのがいくつもある)
・1巻の前半も、今からやることはなかろう
・重音やアルペジオの練習は左手の型を身につけるのに効果的

ということで、まずは重音、14番をやってみます。
でもこの曲集、しっかり練習したら本当に鍛えられそうですね。
ちょっと楽しみになってきた(笑)





にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。