スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しく、優しく、音楽を楽しんで。  徳永兼一郎 カサド/愛の言葉

tokunaga.jpg


本日紹介します演奏は、
 CD チェロ・ポピュラーアルバム より、
 カサド 作曲 愛の言葉
 チェロ 徳永兼一郎
 ピアノ 神谷郁代
です。


私がアマチュアとして楽器の演奏をするときに、
心がけていることがいくつかあります。

その一つが、
「厳しく、楽しく」
というもの。

基本的には、自分が楽しむために演奏をする。
たとえその演奏がどのような水準のものであろうとも。

これが許されるのがアマチュアだと思っていますが、
というか、だからアマチュアなのですが、
ただ、「楽しむ」というときの「楽しさ」にも、
色々な種類の楽しさがあるなぁ、と思うのです。

素人ではありますが、「こんな風に演奏したい」という、
願いや目標は、はっきりと持っています。

そして、それに近づくには、
ある種の「厳しさ」が必要である、ということも知っています。

毎日練習する、ということもそうですし、
自分の演奏の正すべき点を聞き分けることや、
安易に妥協しないことも。


さて。


徳永兼一郎さんは、
かつてN饗の主席チェロ奏者だった方で、
現・首席奏者の藤森亮一さんの師匠。
癌で1996年に亡くなっています。

ホスピスで開いた最後のコンサートのドキュメントが
NHKで放映されたそうで、
それがとても感動的であったと、
複数の方から聞いているのですが、
私はまだ視聴できておりません。
(NHKオンデマンドでも出ていないようです。)

それでは残された録音を聞いてみよう、
と思って上掲のCDを取り寄せてみました。
録音は1971年とありますので、
比較的若い頃の演奏でしょうか。

そのCD5曲目、
カサド作曲の「愛の言葉」を聴いた感想が、
本記事のタイトルであります、
「厳しい、優しい、そして楽しい」
ということでした。

妥協を許さない正確さ、
「ここはこう弾くべきである」という狙いの明確さ、
一音一音丁寧な、しかし過剰でない発音などから、
ある意味では心地よい、厳しさを感じます。

しかし同時に、
この曲の演奏全体からは、
広く包み込むような優しさも、
私には感じられます。

そして何と言っても、
音楽それ自体は楽しいのです。
カサドがカザルスに捧げた、
ロマンチックで情熱的なこの曲ですから、
楽しくないわけがない。
でもその楽しさは、
優しさを持って厳しく発せられるこの演奏の、
スキマからにじみ出てくるような印象を受けます。

録音状態はあまりよくないようで、
チェロの音は遠くから聞こえてくる感じがしますし、
音色も痩せてしまっているような気がします。
しかし、音色の成分からは、
目の前でナマできいたなら、
素晴らしい音色であろうと感じられます。


また、全曲通して、
「超絶技巧!」というわけでもありませんし、
これ見よがしな演出もありませんが、
じっくりと耳を傾けていると、いつの間にか、
その曲の世界に引き込まれてしまう魅力があります。



そんな氏の演奏を聴きながらふと、
音楽を楽しむということは、
少なくとも、私が「こんなふうに」と思うような、
音楽の楽しみ方をするには、
自らに課す厳しさが必要なのだろうな、と、
あらためて思ったのでした。


(余談ですが、私は「これ見よがしな演出」の演奏も、
 嫌いではありません。それはそれで、楽しんで聞いています)



---------------------------------------------
本日紹介しました演奏は、
 CD チェロ・ポピュラーアルバム より、
 カサド 作曲 愛の言葉
 チェロ 徳永兼一郎
 ピアノ 神谷郁代
でした。

tokunaga.jpgAmazon ・ HMVicon ・ 楽天市場
---------------------------------------------
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

びわこフィルハーモニーオーケストラ 第8回演奏会 /有馬純昭/見渡風雅

アマチュア・オーケストラの演奏会に行ってきました。

びわこフィルハーモニーオーケストラ
第8回演奏会

 チャイコフスキー:大学祝典序曲 
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 ブラームス:交響曲第4番

指揮 有馬純昭
ヴァイオリン独奏:見渡風雅
栗東芸術文化会館 さきら 大ホール


琵琶湖フィルは、当ブログのリンク先でもあります、
ちぇろ吉さんの所属されるオーケストラ。

ご自身のブログで告知されていらっしゃいまして、
ちょうど都合もついたので聞きに行くことが出来ました。

1曲目、大学祝典序曲のときは、
ちぇろ吉さんの顔を覚えるのに必死で、
あまり曲を覚えていないのですが(スミマセン)、
チェロの音はしっかり聞こえてきました。
(アマチュアオーケストラではチェロがあまり聞こえないことが
 多いような気がするのです・・・)


2曲目、メンデルスゾーン。
ヴァイオリン独奏は見渡風雅(みわたし ふうが)さん。
若干15歳の中学三年生ですが、
「若干」というのが失礼なほど、
堂々としたソリスト振り。

音がオーケストラからしっかり浮かび上がっていて、
音楽も素直に伝わってきます。
繊細というよりは豪快なタイプでしょうか?

個人的には、
(いえ、個人のブログに何を書いても「個人的」に決まっていますが:笑)、
ボーイングが丁寧で、またスイスイと滑らかで、
弓の色々な部分を上手く使っているなぁ、という感想。

チェロ弾きであるところの私としては、
低音の厚みがもっと出てきたら、と思ってしまいますが(笑)、
今後の研鑽と成長・活躍が楽しみです。

オーケストラのほうも、
(ときどきヒヤっとするところはありましたが)、
見渡さんの独奏によく応えようとしているのが伝わってきました。

そうそう、実は私、
これが初めて聞くこの曲の実演でした!
これだけの名曲をまだ聞いてないとは、
如何に怠けているファンかよく分かりますね(汗)

(第1楽章、
 独奏ヴァイオリンがオーケストラ全体を伴奏していてびっくり。
 その伴奏の音がちゃんと聞こえてきてさらにびっくり。)



3曲目、ブラームスの4番。

私はクラシック音楽を聴き始めてから、
かなり早いうちに「チェロ曲&室内楽」派になってしまったので、
あまり交響曲を聴いていません。

聞いてすぐに分かるのは、

 モーツァルトの最後2曲、
 ベートーヴェンの奇数番+6番、
 シべリウスの2番、
 シューベルトの未完成、
 ドヴォルザークの新大陸、
 ラフマニノフの2番、
 ブラームスの1番

くらいです。(少なっ!)

そこで今回のブラームス。
4番ってどんなんだっけ?と思いながら聞き始めると、
わ、難しそう!
うーん、これ自分が弾くってなったら大変だわ。

ただ、やはり4曲が4曲とも名曲と言われているブラームス、
さすがに曲は聞き覚えがありました。

こういう曲は大人だなぁ、と思います。
私が高校生だとして、
オーケストラに入っていたとしたら、
きっとあんまりやりたくない。

やってやれないことはないとしても、
ブラームスとじっくり付き合うには、
少なくとも10代の頃の私では無理だったと思います。
(いや、今でも無理か:笑)

そういう意味では、
大人で構成されているアマチュア・オーケストラなら、
こういう難曲・大曲に取り組むのも、
出来るのかもしれないな、と思いました。



全体通して。

オーケストラ、いいですね。
オーケストラのチェロも、いいですね。
ベースラインで全体を支えるのも、
ピチカートも、
時折メロディになって中低音の魅力を聞かせるのも、
いいなぁ、と思いました。

もともと室内楽がやりたくて始めたチェロですが、
オーケストラにも興味が出てきました。

アマチュアオーケストラの団員募集では、
よく「経験不問」だとか「初心者OK」と書かれていますが、
それにたいていのアマオケはチェロを募集中ですが(笑)、
実際のところ、
どの程度の水準で入団するのがよいのでしょう?
どなたかご教示いただけるとうれしいです。


最後に。

終演後、ロビーでちぇろ吉さんを見つけて声をかけさせて頂きました。
(ちぇろ吉さん、演奏会のご案内ありがとうございました!)
当ブログ経由で本人にお会いしたのはこれで3人目。
クラシック音楽、中でもチェロという、
それほど人口の多くない世界ですから、
ブログというのは便利な道具ですね!





にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

追記:金色の消音器「マイ・ミュート」レビュー

先の記事で紹介いたしました、
工房ミネハラのマイ・ミュート。


mute1.jpg

商品紹介ページ ・ 楽天市場 ・ Amazon


私は使い始めてちょうど一年になります。
本日はそのレビューの続きを。


■楽器への落下の危険

これはオモリを駒につけることで、
駒の振動を小さくして音量を下げる一方で、
ゴム製のものに比べると音質への影響が少ない、
という仕組みの物です。

重さをはかってみたところ、
約270グラムでした。

卵5つ分と同じ重さの、金属の固まり。
表面は金メッキで手触りは柔らかい、とはいえ、
これを楽器に落下させると明らかに「事故」でしょうね。

といっても、
脱着させる動作は駒の上でしますから、
楽器との間には弦があり、
まっすぐ楽器に向かって落下させる危険は,
それほど大きくありません。

それなりに重みを感じるので慎重に扱いますし、
またネジ式ですので、
駒に力を入れて押し込んだり引き抜いたり、
という動作もありません。

これまでの一年では、
楽器の上に落としたことは勿論ありませんし、
落としそうになってヒヤっとしたこともないです。

気持ちとしては、
「ケースを立てたまま楽器を取り出すとき」
あるいは、
「弦を張り替えてペグを回すとき」
くらいの慎重さで、
十分に安全を確保できるのではないか、
と感じています。


■楽器・駒への負担

こんな重い物を駒につけて大丈夫だろうか?
と、はじめは私も思いました。
この点について、工房ミネハラさんの商品説明によれば、
駒は約25kgの力で楽器に押しつけられている。
それに比べるとマイミュートの重量は十分小さいので問題ない。
とのことでした。

これを図示してみましょう。

楽器をよこからみたところ。

スライド1



これにマイミュートをつけるとこうなり、
スライド2



マイミュートが駒を引っ張る力を矢印で書き入れます。
スライド3



これに、弦が駒を押す力も書き入れましょう。
マイミュートの矢印と比を合わせて書き入れると、
こうなります。

スライド4



なるほど、確かに大丈夫そうですね。



■修理

駒を両側から挟み込み、
それをネジで固定する、
という方式になっています。
(余談ですが、このネジをしっかり閉めないと、
 十分な消音効果が得られません)

駒に触れる場所のうち、
片方は金メッキの平面。
もう片方はゴム。

私が使用していたところ、
このゴムが半年くらいで剥がれました。

Mute4.jpg



が、両面テープで貼り直したところ、

Mute5.jpg



以前と変わりなく使えております。


Mute6.jpg




■防音室、サイレントチェロ

防音室による音圧の低下は、
もちろん製品によって異なりますが、
-20db ~ -50db の範囲のものが多いようです。

マイミュートの性能が -15db ですから、
比較的防音性能の低い防音室と、
それほど変わらない効果が得られる、ということでしょうか?

このあたり、音響工学をちゃんと勉強していれば、
もっと具体的で実践的なことが分かるのでしょうね(笑)

また、工房ミネハラのHPでは、
これがあればサイレントチェロは要らない、
というようなことが書かれています。

私はサイレントチェロを触ったことがありませんので、
比較した感想は分からないのですが、
サイレントチェロにマイミュートをつけ、
それを防音室の中で弾けば、
それこそ深夜でも大丈夫ではないかと(笑)



■消音器であって弱音器でない

なお、蛇足ではありますが、

練習のために「音を小さくする」道具
 =消音器=サイレンサー
演奏のために「曇った音色に変える」道具
 =弱音器=ミュート

だと、どこかで聞きました。

呼称に関してはあれこれ混乱もあるようですが、
少なくとも目的の違いは明確にする必要がありそうです。

そもそもこの商品自体が、
 消音器=サイレンサー
であるにも関わらず、
 マイ「ミュート」
と名乗ってますからね(笑)




以上、私の愛用しております「金色の消音器」、
マイ・ミュートについて、
二回にわたってご紹介致しました。



mute3.jpg
商品紹介ページ ・ 楽天市場 ・ Amazon



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
でもやっぱり消音器なしで練習したい!

関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

金色の消音器「マイミュート」

本日は自宅での練習に欠かせない、消音器のご紹介。
工房ミネハラの、
「マイミュート」
です。

mute1.jpg

商品紹介ページ ・ 楽天市場 ・ Amazon



「貴方のチェロは 深夜でも弾けます」
「貴方の楽器の反応を落とさない」
と、上記商品紹介では記述されていますが、
数ある消音器の中からこれを選んだ理由は、
金色で綺麗な見た目に惹かれたから、
というのが本音だったりもします(笑)

mute2.jpg



なお、念のため付け加えますと、「マイ~」という表現。
現代日本語では、
「自分の所有するモノであって、借り物や共用のモノではない」
ということを強調するときに使いますよね。
「マイカー」「マイバッグ」「マイホーム」「マイチェロ」
といったように。

(余談ですが、これを英語の表現としてみると、
 文脈によってはハナハダ不適切、あるいは意味不明になります。
 レジの人に、"Do you have a my bag?" って聞かれたら、
 びっくりするでしょう:笑
私なら、"No! This is my bag!" と応えます。
 レジの人は、
  "Do you have your own bag?" と聞くか、
  "Do you need a plastic bag?" のように、
 「レジ袋要りますか?」と尋ねるのが良いでしょう)


さて。
ここでご紹介する「マイミュート」というのは、
私ククーロが、
「私のミュートですよ」という意味で言っているのではなく、
これが製品名です。

 (またまた余談ですが、このとき、
  「私のミュートは『マイミュート』です」と英語で言うと、
  "My mute is a "My mute" になってしまいますね(笑) )


私は他の市販の消音器を試したことがありませんが、
同工房HPの製品紹介や、
他にこの製品をお使いの方がおっしゃるには、
音を小さくする効果は高いようですし、
音色への干渉も比較的、マシだそうです。

私が使っていて感じる範囲では、
音色が曇ったような音にはなりませんし、
音程が分からなくなるようなこともありません。
他の弦の共鳴もちゃんと残ります。

その理由は、
ゴム(?)製のものは弾力によって、
「弦の振動を吸収する」のに対して、
この製品は質量によって、
「「駒」の振幅を小さくする」からではないか?
と推測しています。

また消音効果についても、
外したときに驚くほど大きな音が出て、
びっくりします。
15db(聴感上は1/5)というのは本当らしい。

あえてマイナスに感じる点を上げるとすれば、
「重い」こと。

いえ、重さによって消音効果を得ているのですから、
これは仕方がないのですが、
駒にこんなに重たいものをぶら下げても大丈夫なのだろうか、
とちょっと心配になります。
それで、弾かないときには毎回外しています。


さて、消音器としては比較的「マシ」であろう、「マイミュート」。
しかし、「楽器を鳴らす練習」という点からは、
どうしても限界があるようです。
「鳴らす」ことと、消音器の機能は真っ向から対立しますので、
当然といえば当然ですが。

また、音色への干渉が少ないと書きましたが、
ないわけではありません。マイミュートをつけていると、
シャリシャリした音が聞こえる気がします。
大きな金属性のアジャスターをつけたときの音と、
似た成分のようです。

自分が楽器を鳴らせているか。
いい音が鳴っているか。
押しつけずに響かすことが出来ているのか。

それを確かめるには、
消音器をつけていては原理的に無理があるのでしょう。

ですのでなるべく教室の練習室に通って練習するよう、
心がけたいとは思っているのです、が。
教室の練習室は安く使えるのは良いのですが
それでもチェロを持っての移動は結構たいへん。

どうしても、
「練習できるアキ時間を作って練習する」
ことになってしまうのが「大人の趣味」としての楽器。

そうするとどうしても自宅での練習になってしまい、
そうするとどうしても消音器が必要になってしまいます。

最善ではないことは分かっていますが、
次善の策としては、消音器をつけて練習するほうが、
練習しないよりはずっといい。



mute3.jpg
商品紹介ページ ・ 楽天市場 ・ Amazon


<関連記事>
追記:金色の消音器「マイ・ミュート」レビュー
チェロの消音:「マイミュート」+「消しゴムミュート」+「f字孔カバー」


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
ちなみにウルフキラーはVCYOYOさんの「ピュア・ブリランテ」
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

絶対音感がないから出来る? 大リーグ養成ギブス方式チェロ練習法

いきなり変なタイトルですみません(笑)

まず、いくつかバラバラの話をしますが、
最後に全部つながりますのでお付き合い願います。



(1)大リーグ養成ギブス

これを知っている方は、
プロファイリングしますと、
 ・私よりも年長
 ・男性
 ・スポーツ、特に野球が好き
の確率が高いかと思います。

これは昭和の時代に一世を風靡した野球マンガ&アニメ、
「巨人の星」に登場する、体を鍛えるための道具。

野球の投手である、
主人公の星飛雄馬(ほし ひゅうま)に、
その父・星一徹が与えたもので、
バネで出来ています。

このバネは投球の逆の動作に体をひっぱるので、
これに耐えて生活・練習をすることで筋肉が鍛えられます。
ですので、ギブスを外した時には、
ものすごい速さの球が投げられる、
という代物。

他にもこれと似たような発想のものに、
 ・ドラゴンボールに登場する金属製の道着
 ・野球選手がバットにつける重り、あるいは通常よりも重たいバット
 ・酸素が薄い高地でのマラソンのトレーニング
といったものがありますね。




(2)チェロの調弦と、5度の移調

チェロの調弦は全て完全5度の間隔です。
(下から順に、C, G, D, A)
同じ場所を押さえたまま、隣の弦にうつると、
完全5度高い・低い音が出ます。

ということは、
もしも全体を5度、下に移調したければ、
同じ運指のまま、一本ずつ隣の弦を弾けばOKです。
D線を今までのA線だと考え、
G線を今までのD線だと考えて弾けば、
それだけで5度下に移調されます。



(3)チェロ曲で必要な弦

チェロの曲の中には、
弦を2本しか使わないで弾けるものが、結構あります。
チェロがメロディになる曲だと、
上の2本、A線とD線だけしか使わないことがしばしば。

スズキの教本にある小曲もそういうの多いですし、
「白鳥」とか、「愛の挨拶」なんかも、
私の手元にある楽譜では、そういう運指になっています。



(4)暗譜は左手と音名で

私の場合、ある曲をしばらく練習すると、
いつの間にか、だいたい暗譜します。
このとき、左手の動きで覚えてる部分と、
音名で、歌詞のように覚えている部分があります。


(5)絶対音感

私は絶対音感がありません。

いきなり一つの音を聞かされて、
それがCなのかDなのか、といったことが、
全く分かりません。

(いえ、相対音感もかなり怪しいですが、
 それはまた別の話ということで)

ですので、
どんな調の長音階を聞いても、
「ドレミファソラシド」と聞こえます。
あるいは、音名で暗譜している曲であれば、
たとえ他の調で演奏されていたとしても、
覚えている音名で聞こえます。



さて、ここまで並べたことを整理しましょう。

(1)大リーグ養成ギブスという鍛えるための道具がある

・・・これはちょっと置いといて。


(2)チェロの調弦は完全5度。隣の弦を弾けば5度の移調
(3)弦を2本しか使わない曲が結構ある

ということは、
A&Dしか使わない曲は、
D&Gで下に5度移調、
G&Cでさらに下に5度移調、
して弾くことが出来ます。

そして私は、

(4)楽譜は左手と音名で覚えてる
(5)絶対音感がないので、移調しても同じ音名で聞こえる

ので、
先の述べた5度移調、いとも簡単に出来ます。
同じことを隣の弦でやればいい。

たとえば「愛の挨拶」の冒頭は、
A線とD線を使って、
「ファーラファミレドレソーソーソー」ですが、
運指はそっくりそのまで、
D線とG線を使えば、
「シーレシラソファソドードードー」
という音が出て、
5度下に移調することが出来ます。

しかし私がこれをするとき、
D線とG線のときでも、
頭の中では、
「ファーラファミレドレソーソーソー」と、
鳴っています。
いわゆる「移動ド」ってやつですね。

さらにこれを、
G線とC線で弾けば、
「ラードラソファミファシーシーシー」
「ミーソミレドシドファーファーファー」※
になりますが、やっぱり頭の中では、
「ファーラファミレドレソーソーソー」。

※コメント欄にてpoplogさんに間違いを指摘して頂きました。
 ありがとうございました。何をどう間違えたらこうなるんだか(笑)


なので、
特に違和感なく、暗譜したままの感覚で、
移調することが出来ます。

これに気づいてから、
練習曲や、小曲でも、
移調して他の弦で弾く、
ということを遊びでやってました。

特にスズキの教本を中心にやっていると、
低弦があまり使われず、
せっかく低音楽器のチェロを弾いているのに、
ちょっと物足りなかったのです。


さて。


今はエルガーの「愛の挨拶」を練習しているのですが、
ようやく暗譜も出来てきたので、
上記の「5度移調遊び」をやってみました。

この曲には高音が結構登場しまして、
私がまだ不慣れな親指ポジションや、
第6ポジション(多分。A線で1指=G)が出てきます。
こういうの結構難しいなぁ、
指きついなぁ、
と思いながら練習していました。
ついつい頑張って力が入っちゃったりして。

で、息抜きに移調遊びをしてました。

まず5度下。さらにその5度下。
低弦は太くて張りも強いので、結構指が大変。
通して弾いたあと、高いポジションを少し練習。

さて真面目に練習しよう、と、
本来の調(=A&D線)に戻ると、です。

とても楽でした。特に高いポジションが。
力抜いても押さえられる。

もちろんそれなりに大変なのですが、
移調遊び前よりもずっと楽に音がとれます。
左手が力まないので右手も動きやすい。

太くて強い低弦でしばらく弾いたことで、
手がその強さに慣れており、結果、
高弦では楽に弾ける。


これは、始めに紹介しました、
「大リーグ養成ギブス」と似ているなぁと思ったのです。
また、このような5度移調が暗譜したまま簡単に出来るのは、
私の音の聞こえ方が「移動ド」であるからなのだろう、
とも思いまして、
本記事を、
「絶対音感がないから出来る? 大リーグ養成ギブス方式チェロ練習法」
と題したのでした。



いえ、無論、
低弦も高弦も、
低いポジションも高いポジションも、
力まず無駄なく弾けることが必要であろうとは、
思っているのですよ(笑)





にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。