スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空腹は最良の料理番、になるかどうか。


出張中です。

そもそもチェロは弾けないのと、
バタバタしていて落ち着かないのとで、
ゆっくり音楽を聴くことがないです。

(必然的にブログのネタにも困るわけです 笑)

それはともかく。


空腹は最良の料理番、という言葉があります。
いかに素晴らしい料理でも、
満腹であっては美味しく食べることが出来ない。

しばらく「何も食べない」時間があって、
その間に空腹になるからこそ、
次の食事を、

「美味しく食べる」

ことが出来ます。


音楽でもそれが効くといいのですが。


関連記事
スポンサーサイト

ジャン・ギアン・ケラスでブリテンに目(耳?)が醒める


みなさんこんにちは。
出張で昨夜からホテル住まいのククーロです。


yoshiさんももさんのブログで、
昨夜はケラスの演奏会がNHKで放映されるよ、
という情報を知りました。

普段は全くと言っていいほどテレビをみないのですが、
ホテルにはAQUOSの亀山モデルがありましたので(笑)
例によってお供させている電池駆動のTimedomainLight
テレビにつなぎ、初・ケラスと相成りました。

ケラスといえば、
2008年にバッハの録音を出して、
その鮮やか・爽やかな弾き振りと、
濃ゆい表紙写真のギャップ(笑)で、
話題になったのを覚えています。

kerashbach.jpg Amazon HMV

このバッハについては、
こちらの方が感想を書いてらっしゃいます。

また、長谷部一郎さんいわく、

うぅむ、こんなにチェロが弾けたら・・・。
人生はずいぶん違ってくるだろう。



とのことです。


さて。


演奏前のインタビューでは、
自信と意思と希望に満ちた眼差しが非常に印象的。

演奏は・・・上手い!

上手いにもいろいろな種類がありますが、
この上手さの種類は、

ヨーヨー・マ的

というよりはむしろ、

ペレーニ的

な種類の上手さではなかろうか、
ともちょっと考えたりしつつ、
シューマンとメンデルスゾーンを堪能。

後半は時代が下がって、
ブリテンとウェーベルンになると、
私はたいてい聴くのをやめてしまうのですが(笑)
今回はせっかくなので聴き続けていました。

ブリテンのチェロ・ソナタは、終楽章がかっこいい!
これだけ鮮やかに弾かれると印象が変わってしまいます。

アンコールは三曲(元気だなぁ 笑)。
印象的だったのは、
シューベルトの「夜と夢」のとき、
けっこうビブラートなしで弾いていたのです。

かけるところはたっぷりかけていたのですが、
わりと長い音符でも、まっすぐ、ストーンと。
ハッと耳がひきつけられるような効果がありました。

これには目が醒めました。



上述のように、
普段はまったくテレビを見ないのですが、
最近はNHKオンデマンドというのもあることですし、
これからは、もうちょっと、
テレビで放映される演奏会のことも、
気にしてみようかと思います。



bann2.gif
ケラスってカラスと似てる。

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

楽友教会とシェーンブルン宮殿

3月にウィーンに行くことになりました。
うごきまわれるのは2日間。

ウィーンといえばクラシック音楽の都・・・というのは、
当ブログにお越しの方でしたら説明不要かと思うのですが、
せっかくなのでちょっとだけ調べてみました。

ウィーンやその周辺で、
生まれたり、学んだり、活躍したりした作曲家では、
私がすぐに思いつくような超有名な方だけでも、

 モーツァルト
 シュトラウス親子
 ハイドン
 ベートーヴェン、
 ブラームス 
 シューベルト
 マーラー

と、錚々たるメンツ。

また、
 
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ウィーン少年合唱団

という、これまた世界一有名(たぶん)な、
オーケストラと合唱団があります。
ということは、そのほかの演奏団体も、
相当高い水準にあることが予想されます。


歴史的には色々な経緯があるようですが、
(例えばこちらこちら
いずれにしても、
現在のクラシック音楽界において、
少なくとも、私達聴衆からみたときには、
ひとつの「街」としては最高峰、
といってお叱りは受けない・・・と思っています。
(反論はご自由に。自信はありません 笑)

さて。

2日間めいっぱい使おうと思い、
まずは、かのウィーン・フィルの本拠地、
ニューイヤ・コンサートでも知られる、

・楽友協会

をターゲットに。

(のだめの最後の映画、冒頭で、千秋真一が指揮する
 チャイコフスキーが収録されたホールでもあります。
 そう、あの、金色の。やたら豪華な。)

(ここです↓)
gakuyukyokai_20110218204534.jpg

(まばゆいです! 楽友教会・画像検索結果

幸運にも、その日の公演にまだ空席があったので、
同ホールのHPから(ちょっと苦労しつつも)購入。
(ちなみにアーノンクールのヘンデル)

このチケットをとる操作の手順は分かりづらいところがあるので、
後日、無事に入場できてから解説を書こうと思います。

日本語ページもあるのですが、
肝心の情報がドイツ語だったりして、
けっこうシンドイのです・・・。


もう一日の夜は、

 シェーンブルン宮殿のコンサート

というのが、
観光のお客さん向けのコンサートとはいえ、
日本語ブログではけっこう評判が良いようでしたし、
また、ウィーンまでいって、

・ヘンデルを聴き

・モーツァルト、シュトラウスを聴かない

というのもちょっとどうかと思いましたので(笑)、
ここにすることにしました。

(なお、この宮殿はかのハプスブルグ家の離宮だとかで、
 モーツァルトもここで演奏をしたそうです。
 のちのマリー・ワントワネットに彼が「お嫁さんにしてあげる」
 と言ったのがこの宮殿だとか。 )

(シェーンブルン宮殿・画像検索結果)

こちらの代理店HPからチケットを購入。

仕事の関係で、東南アジアの国にはよく行くのですが、
欧州はほとんど経験がないため、
「人に頼めることは人に頼む」作戦で、
多少割高になるのかもしれませんが、
安心を買おうと思って代理店を通しました。

(代理店なら必ず安心とは限りませんが、
 私が現地であたふたするよりは安心度が高いです。
 ドイツ語分からないし・・・)

(ここから買った理由は日本語がまともだったから 笑)


さて、というわけで、何はともあれ席は押さえたので、
これから改めてウィーンについて調べることにします。



bann2.gif
他はまだ何も準備していないので(笑)
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロとアマの違い:本番の回数

私が音楽を始めた10年前から悩んでいたことに、

「本番に弱い」

ということがあります。


緊張というか、いわゆる「あがり」で、
全然普段の練習時のような演奏が出来ない。

管楽器をしていたので、
動揺は呼吸にダイレクトにあらわれ、
全くごまかしが効かず、
最初の2,3年は散々でした。

4年目くらいからは、
それも少しマシにはなったのですが。


ところで、
プロ奏者として(たとえ在学中であっても)演奏活動を
されているかたの様子をみると、
本番でもあがっているようには見えない。

もしかしたら内心は色々あるのかもしれませんが、
少なくとも、
緊張で演奏がボロボロだった、
と思われる場面にはであったことがありません。

これ、なんでだろ?とずっと思ってました。

もちろん、

「緊張で崩れるような人は、プロ奏者にはなれない」

というのもあるのかもしれません。

また、楽器を弾いてきた総時間の違いもあるでしょう。

そして、もうひとつ、思い当たりました。

それは、

「出来ないことがあるなら、
 出来るようになるまで練習すればよい」

と考えたことに繋がっています。

つまり、

「本番に弱いのなら、
 本番を沢山すればよい」

と。

学生で楽器を始めたときには、
本番はせいぜい2ヶ月に一回くらい。
(これには部活内部の発表会も含みます)

いわゆる「ホール」での演奏会となると、
年に一回が普通でした。

ところが。

プロ奏者として活動している方は、
当然といえば当然ですが、

「本番は月に一回」

というような頻度ではないでしょう。

これまでに私が聞いたことのある話を総合すると、
おそらく、お仕事が少ない時期であっても、
週に一度くらいはあるのではないでしょうか。

本番に強くなろうと思ったら。

「本番で成功するような、練習のあり方」

もあるだろう、とは思うのですが、
それでも、何よりも効果的なのは、

「本番を沢山経験する」

ことではないだろうか、と思うのです。


アマチュア奏者である私としては、
知識が増えたり、技術を学んだりするたびに、
プロとアマの違いは大きいなぁと思わされるばかりですが、
その違いのひとつには、

「本番の頻度」

もありそうだな、と思ったのでした。



bann2.gif
チェロでは・・・2年間で1回だけだ、本番!
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

静寂と沈黙


音楽のまえとあとに静寂があるように、
言葉のまえとあとにも沈黙がある。

どのような音でも表現できないことを、
全休止はこともなく表現することがある。

どのような言葉でも表現できないときに、
沈黙がそれにかわることがある。


関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。