スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドに数日間行ってきます

明日から出張でフィンランドへ行ってきます。

フィンランドといえば、シベリウス。

・・・なのですが、
シベリウスはチェロの曲がない(たぶん)ので、
私にとってはほとんどノーマークの作曲家でして(笑)

ただ、ヴァイオリン協奏曲は名曲。
こちらの記事でも下記の演奏を紹介しました。

M03632706-01.jpg Amazon
シベリウス ヴァイオリン協奏曲
ヴァイオリン独奏 五嶋みどり
指揮 ズービン・メータ
管弦楽 イスラエル・フィル



また、歌曲からの編曲ではありますが、
こちらの記事で紹介した、下記のCDには、
数曲、チェロでの演奏が収録されています。

31WPM0Y1E5AA250_.jpgAmazonHMV
ソルヴェイグの祈り
チェロ 水谷川優子
ピアノ マルティン・ラスティス



(検索をかけたところ、こんなのもヒットしました。
やはりみんな編曲のようです)


一方、シベリウスの曲全般としては、
「フィンランディア」が有名で、
また、交響曲第2番も名曲として知られています。

私もこちら

shibe2.jpg
シベリウス:交響曲第2番
カレリア組曲
交響詩「フィンランディア」
フィンランド放送交響楽団


のCDは持っているのですが、
音楽とはあまり関係ないところで、
色々と想い出がありすぎまして、
あまり聴けないCDとなってしまい(笑)


で、今夜は最初にあげました、
ヴァイオリン協奏曲を聴きつつ、
旅の準備をしております。




bann2.gif
フィンランドといえばピアニストの舘野さんも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

クーラントは3拍子 レッスン#52



今回から2番クーラント。
ギリギリに練習をはじめて、
なんとか通せるようにはなったけど、
全然曲が分からない、
というような状態でレッスンへ。

音源を聞いてみると、みんなものすごく速いので、
速く弾けるようにならないといけないのかな、
と思っていたらそうでもないようです。


■3拍子で弾く
・今は6拍子みたいになっている
・裏の拍が出てしまっているから
・16分音符4つのかたまりは、後ろ二つは弱めが基本
・全部がそうというわけではないけれど
・4つで一拍に聞こえるように
・今はタカタカ頑張って引いているので裏が大きい
・それで2つで一拍に聞こえてしまっている
【音符ならべに必死で全然考えてませでした!】

■3拍目から次の小節へ
・3泊目では次の小節へのつなぎを考える
・次の小節の頭でバーンと入るためのフリになっているところがある
・そういうところは前をちょっとタメるなりして準備をする
・冒頭、1小節目から2小節目の和音に入るところなど
・ここは1拍めしっかり、2拍目少し抜く、3拍目で盛り上がる前フリ
・で、和音までがひとまとまり
・そうなっていればテンポが遅くてもちゃんと聞こえる
・もちろん、全部がそのパターンではない
・おさめるところはおさめる
・いずれにしても、3拍をどう弾くかを考えること
【そういうことか!】

■シbの運指
・ニ短調なのでシbは沢山出てくる
・これを1ポジでやると、前後の運指によってはやりづらい
・可能な場合は4ポジにすると楽になる
・ただこうすると弦が短くなるので響きの面では不利
・だが特に難しい場所では変えてもいい
【ほんとだ!】

■声部の意識
・2声がかけあっているところ
・かけあいが終わり、新たな声部が入ってくるところ
・同じ音が交互に入るところは動くほうを出す
【バッハですからね】

■和音
・頑張って2音をぎゅいーんと弾く必要はない
・3和音の下二つをカッとひっかけたらすぐに上へ
・上は1番上の音だけでもいい
・他の音ははじめに「ボン」って入れば大丈夫
【それで十分雰囲気は出ました】


さてさて、それはそうと、
来月8日が本番のアイアイの練習と、
正月の発表会の曲も決めなくては。

いまのところ、
poplogさんにおすすめして頂いた、
フォーレのシシリエンヌがけっこう有力です。


bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

なんとか最後まで弾けるようにはなったけれど

先に書きました無伴奏2番のクーラント、
半日(5時間ほど)練習したら最後まで通せるようにはなりました。

いえ、通すといっても、
最後まで音符を順番になぞる、
という程度のものですが。

しかし。

弾きながらどんな曲なのか見えてこなかったので、
それでひとやすみしつつ、
ヨーヨー・マ一回目の録音でこの曲を聴いてみました。

mabachwaka.jpg





…全然違う(笑)

スピードがたぶん3倍くらい(笑)

ここまで早くなくてもなんとかなるとは思いますが、
やっぱり軽快に素早く弾いてこその、
クーラントなんだな、と思ったのでした。

これはだめですね。
相当練習しなきゃ曲になりません。

明日のレッスンまでにやれるだけやってみます。



bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

相変わらずの一夜漬け。2番クーラントを何時間でさらえるかに挑戦


明日はレッスン。

今回から2番クーラントの予定なのですが、
実はまっったく手をつけていません!

いやはや・・・

幸運にも仕事は昨日でひと段落して、
今日は特に予定もないので、
これからとりかかります。

さて、何時間で通せるようになるか。

一拍、一小節ずつ確実に積み上げていく作業と、
それを通して弾く練習と。

出来上がったらまた報告します(笑)




bann2.gif
一夜漬けは子供のころからの習慣です(汗
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

天気とチェロ


チェロを弾き始めてから、
同じように弦楽器を弾く方々のブログを拝見していると、

・天気と楽器の調子

についての記述をよく目にします。

どうやら、概ね、

・湿度が高い時期、雨の日は調子が悪い

・湿度が低い時期、晴れの日は調子が良い

みたいですね。

クラシック音楽の発祥の地である欧州では、
日本と比べるとうんと乾燥した気候の地域が多いので、
弦楽器が高い湿度に弱い、というのも、
理解できることではあります。

しかし。

私は、チェロを購入して二年と少しになりますが、
いまだに天気による楽器の調子の良しあしを、
ほとんど感じたことがありません。

それどころか。

そもそも。

天気云々に関係なく、
楽器の調子の良しあしを感じたことが、
ほとんどないのです(笑)

弦を張り替えたら音が変わるとか、
魂柱と駒の調性をしたら鳴り方が変わるとか、
そういうのはよく経験します。

でも、

・今日は楽器の調子がいい

とか、

・しばらく弾いているとよく鳴るようになってきた

とかは、
よく目にする記述ですが、
そういうの感じたことがないんですよね。


これは、

変化があるのに、
私がそれに気づかないくらい鈍感なのか。

楽器が天候などの影響をあまり受けない楽器なのか。

そもそも楽器の調子がいつも絶不調で、
多少空気が乾燥したくらいではどうしょうもないのか(笑)

あるいはさらに、
楽器の調子の変化が問題にならないくらい、
私の演奏がまずいのか(笑)


興味のあるところです。



bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。