スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音程は良心の問題である」by カザルス

音程の練習を一生懸命しているところです。
少しずつですが、音程を覚え始めたようです。

弾きながら、
「あれ、この音違ったぽい」と思って確かめると、
やっぱり違う、ということが、たびたびありました。

よい音程を身に着ける、ということは、
左手の技術としては、
「鳴らすべき音の場所を一発で押さえる」
ということなのでしょう。

しかし、
そもそもその「鳴らすべき音」が
頭の中で鳴らせなければいけませんし、
自分で自分の音を聴いて、
出そうと思った音との乖離を把握できなければなりません。

平たく言うと、
「変な音出したら自分で分かる」
ってことですね。

言葉にすると短いですけど、
でもこれほんと大変で。私には。

もともと頭の中に鍵盤が入っている方は、
それと照らし合わせる、というかむしろ、
照らし合わせようとするまでもなく、
高いとか低いとか感じるのかもしれません。(うらやましい)

でも私の場合はそのようなことはなく、
まずその鳴らそうとする音の高さを覚え、、
意識的にそれを狙い、
自分の出す音の高さ、音程を、
よーくよーく注意して聴いて、
鳴らそうと思った音と比較しなければ、
鳴らすべき音からのずれを検知できないのです。

で、ちょっとでも気を抜くと、
指が押さえやすい方向に寄って、
例えばFisが低くなったりするわけです。


さて、本稿のタイトル、「音程は良心の問題である」。

カザルスが音程について語った言葉として、
あちこちで言及されています。

これだけ広く知られているということは、
どこかに記録が残っているのだろう、
と思って簡単に検索をかけてみたところ、
こちらの書籍の102ページにオリジナルが
あるようでした。


Casals and the Art of Interpretation

もともと何語でそういったのか分かりませんが、
同書には英語で書かれているのでその部分を引用します。

‘Intonation,’ Calas told a student, ‘is a question of conscience. You hear when a note is false the same way you feel when you do something wrong in life. We must not continue to do the wrong thing.’
(Casals and the Art of Interpretation, David Blum, 1980)


【ククーロ訳】
「音程とはね、」カザルスは生徒に言う。「良心の問題なのだよ。ある音が間違った音程で鳴らされたとき、普段の生活で何か悪いことをしたときと同じように感じるはずだ。悪いことをし続けてはならないのだよ。」

よく引用される部分は、
"Intonation is a question of conscience"
ですね。

このquestionはmatterと書かれているのも、
よく検索でひっかかります。

「良心」にあたる単語はconscienceで、コンシェンスと発音します。
(私としてはコンサイエンスと発音したくなるのですが・・・)


えーとえーと、カザルス先生、あの、
おかしな音を鳴らしてもそもそもそのことに気づかないので、
まーったく罪悪感がないのですけれどワタシ・・・

もっともカザルスさんはこの著者がここで書いているような意味でだけ、音程は良心の問題だと言っていたのかどうか、分かりませんけれどね。私は今回調べてみるまで、この言葉は、「おかしな音程で鳴らしていても本人は平気だが周りは気持ち悪い。自分の勝手で他人に迷惑をかけてはいけない」というような意味で「良心の問題」なのだろうと思っていました。(し、カザルス氏もそういう意味でもconscienceと言っていたのかもしれません。ただ上記の部分には直接にそう読める説明の記述がないだけで。)


なお、「カザルスとの対話」では、音程の話は240-243頁でされています。
(そしてその後に、「弦は切れる直前がいちばんいい音がする」という話になります 笑)

カザルスとの対話




bann2.gif
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

再開と楽器に音程を教えてもらおうの復習 レッスン#61


みなさま、お久しぶりです。
ククーロです。

この1年間ほど、チェロをお休みしておりました。
(理由は非公開ですので訊かないでください 笑)

先日レッスンを再開しましたので、
こちらもぼちぼち書いていきます。
どうぞよろしく。

さて、実に一年ぶりのレッスン。
この間ほとんど練習していなかったので、
ほとんどイチからやりなおしです。

今年の目標は音程。

より具体的には、

「録音された自分の演奏を私が聴いて気にならない程度には、
 よい音程で常に弾けるようになる」

ことです。

練習そのものを全然していなかったので、
まずは第1ポジションでじっくりやります。

以前の記事でも少し書きましたが、
完全5度できちんと調律すると、
弦の共鳴や隣の弦との和音を利用して
音をとることが出来ます。

まずはその復習から。
以下ことわりの無い限り、
旋律的な音程の取り方を前提とします。


■ト長調から
・G線開放弦からスタートする1オクターブを考える
・G…G線開放弦 
・A…A線が共鳴するG線上のポイント
・H…
   D線にとったEと完全4度の和音
   D線にとったEと完全5度の和音になるHをA線にとり、
   そのオクターブ下
・C…
   C線が共鳴
   C線の真ん中フラジオと同じ高さ
   C線開放弦と8度の和音
・D…D線開放弦
・E…
   A線のEのフラジオのオクターブ下
   A線が共鳴
   A線開放弦と完全4度の和音
   ×G線の共鳴、G線と長3度の和音
・Fis…
   G線にとったHと完全5度の和音
   A線にとったHと完全4度の和音
・G…
   G線が共鳴
   G線の真ん中フラジオと同じ高さ
   G線開放弦と8度の和音
【ここで注意するのは3度と6度を使わないこと】


■ニ長調
・D線開放弦から
・D線のD、E、Fis、Gはト長調と同じ
・A線のA、Hも同じ
・Cis…D線のFisから完全5度の和音
・D…
   D線が共鳴
   D線の真ん中フラジオと同じ高さ
   D線開放弦と8度の和音
【新たな問題はCisだけ。共鳴がない】


■ハ長調なら?
・CとF以外は全部ト長調のときにならって出来る)
・A線のC…
  C線が共鳴
  C線の4分の1点のフラジオ(1ポジの小指)
・D線のF…
  C線開放に合わせてG線上にとったCと完全4度の和音
  A線上にとったCと完全5度の和音
【FはC線のもうひとつ下になるのでとりづらい】


■導音
・以上のほか、導音は高めにとる
【まあこれは散々既出です】


■和音としては・・・
・上記に登場した和音はそのまま使えばよい
・3度や6度はかわる
  例. D線のEをG線開放と合わせるときは上記より低い
・分散和音は上記の取り方のほうが綺麗にきこえる
・ピアノと合わせるときとはピアノに合わせるしかない
・弦楽合奏のときはたいてい内声の人が一生懸命合わせる
【なので、内声を担当する人はすごくよく考えるのだとか】

なお先生いわく、

「まあ普通の音大の人とかこんなん考えてないけどね」
「みんな本能でやってるからね」
「僕は面白いから考えてるだけ」

とのことでした。

私は面白いからというよりも、
本能ではあとで聴いて心地よい音程がとれないので、
意識的に学習し習得を目指そうと思います。

このような話の理屈を「音律論」といいます。

音律論の専門書も存在するのでしょうけれど、
多少なりとも物理学を学んだことがある私にとっては、
こちらの書籍の説明が「すんなり」入りました。

小方厚 『音律と音階の科学』
onritsu.jpg Amazon


なお、
個人的には音程を表現する「ほにゃらら度」の、
「ほにゃらら」の数え方が気に入らないのですが、
そのあたりはまた今度。


bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。