スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やわた市民音楽祭 第九&委嘱初演「八幡縁起」 


演奏会に行ってきました。

やわた市民音楽祭
 平野一郎 「八幡縁起」(委嘱初演)
 ベートーヴェン 交響曲第九番
 管弦楽 八幡市民オーケストラ
 合唱  市民音楽祭第九合唱団
 指揮  藏野雅彦
八幡市文化センター
2010年1月24日


知人の知人が八幡市民オーケストラでヴァイオリンを弾いておりまして、そのツテで紹介していただきました。
(そのアマチュアヴァイオリニストの方も、実はちょっとだけ接点があるのですが、先方は覚えてないだろうと思います。大学の先生と生徒、しかもひとつ講義をとっただけなので・・・)

一曲目、委嘱初演の「八幡縁起」は、
平野氏に八幡市から委嘱されたそうです。
八幡様の降臨とその後の物語、という設定。
現代音楽なだけに、難しそう。
(なんとホルンが6管!)

お囃子をイメージしたであろうピッコロの旋律や、
弦の人達の足踏み(指揮者もやってた!足で指揮!)、
バルトークピチカートの連打など、
面白い曲でした。

後半。

弦の配置は最近見かけるようになった、
第二ヴァイオリンが上手前方にいるスタイル。
さらにチェロが下手側で、
下記のようになっていました。

ベース
     チェロ ヴィオラ
1stヴァイオリン  2ndヴァイオリン

低弦がすべて下手側から聞こえてくるのは、
最初はさすがに違和感を感じます。
すぐになれましたが。

第九は、あまり演奏会に行かない私でさえ、
何度もホールで聞いたことがあります。

しかし、チェロを始めてからは今回が初めてでした。
それで、
今までと見方がずいぶん変わったことに気がつきました。
内声や低弦がよく聞こえてきます。
意識しなくても。

見てて面白かったのは4楽章。
・始めは弦だれも弾いてない?
・チェロとヴィオラのユニゾンがあるみたい
・ピチカート楽しそう
・コントラバスがヴァイオリンとカノン?はやっ!
・弱音ではほとんど弓を動かしてないように見える
・合唱が盛り上がってるときはオーケストラもけっこう大変そうだ
などなど。

ほかには、管楽器ってみんなソロだから、いいところで失敗したら目立つなぁとか、合唱の男声が人数半分なのに女声よりもよく聞こえるとか、ソリストは以外に出番が少ないとか、金管はさらに出番が少ない、とか。

私のような「ゆるい」ファンでも、10年クラシック音楽ファンをやっていれば、当然、聞きなれたはずの曲です。実際に二年に一度くらいはコンサートで聞いてきましたし、CDもワルター、フルトヴェングラー、カラヤンのものを持っています。でも今までは、耳がメロディを追っていることが多くて、誰が、なにをしているのか、あまり聞こえていませんでした。

そうか、ああやって演奏してたのか。

いつか自分が弾くかもしれないと思ってみると、
ずいぶん違うものですね。



にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

louis vuitton outlet

アマチュアチェロ弾きはブログがお好き。 やわた市民音楽祭 第九&委嘱初演「八幡縁起」,Овај чланак је написан али тачан, ако желите да видите сродне чланке можете овде видели информације:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/l...

コメントの投稿

非公開コメント

ない

実演、一度も聞いたことありません。
この時期に第九を演奏する。粋ですね。
年末に演奏しても良いのですが、
違う時期というだけで新鮮です。
一度実演を聴いてみたい・・・

Re: ない

私も「珍しいなー」と思って行きました。
もともとはいつ演奏してもいい曲ですよね。
年末の第九、というのが始まったイキサツも、
なかなか面白いそうですが。
あまりにも年末の第九が多いので、
二年に一度くらいは誰かに誘われます。

No title

実演、聞いたところがあるどころか演奏したことがあります。
合唱のアルトですが・・・。

第九のチェロは難しそうですよね・・・。
チェロとヴィオラのユニゾンがあったかどうかは忘れましたが、
合唱が入る前にヴァイオリンが歓喜の歌のメロディーを弾いているときの
チェロのオブリガードがすばらしくきれいで、大好きです。

合唱が盛り上がるところはオケも大変ですね。
でも、あれだけオケがやってくれているから、
曲が盛り上がれるのだと思います。

poplog様

おお、合唱に入ったことがあるとはうらやましい。

しかし今考えてみると、私が今まで聞いたことがある第九は、合唱は全てアマチュアでした。あちこちの高校の合唱部の人たちとか。そもそもあんなに人数のいるプロの合唱団ってあるのかな。

今までは合唱が盛り上がってくると、耳は合唱のほうにいっていたのですが、今回はそうでもなく、「おー、ヴァイオリンの人頑張ってるなー」。両方を全体として聴けば、ベートーヴェンの思っていた「第九」に近く聴けるのかもしれませんね。


No title

お祝いのコメントありがとうございました。

クク-ロさんはいつもとっても詳しい課題や解釈を書いていらっしゃって、アマチュアの方なのに~!って、いかに自分が何も考えていないのかって思い知らされます((笑

これからもチェロ頑張って下さいね♪
存分に魅力に浸ってください☆
チェロを好きでやっていらしゃる方がいるのは、僕にとってはとっても嬉しいことです!

藤原秀章様


あらためて、合格おめでとうございます。
(勝手にリンクに加えさせて頂きました)

課題は・・・詳しく書いたら出来るようになる、というはずは絶対にないのですが(笑)、把握しないと取り組めませんからねぇ。本当は、頻繁にレッスンに通い、長時間かけて反復し、ひたすら体で覚えていくことが一番良いのでしょう。おそらく藤原さんがこれまでされてきたように。

ですが私の場合ですと、十分に練習時間がとれず、しかも大人になってから始めた楽器です。アタマの使いようで、そこを何とかカバーしたい、と願っていますが、おそらく専門の方から見ればオカシナことを書いているであろうという自信はあります(笑)。好きでやっているので、間違っていても私以外誰も困りませんから、まあよいだろうと。

私のようなアマチュアにとっては、素晴らしい演奏を聞かせて頂ける、プロの方々がいることが幸せです。
今後の精進とご活躍を期待しております。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。