スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの詩人がチェロで歌う モルク ショパン/チェロソナタ [チェロCD No.12]

mork.jpg


今回紹介する演奏は、
 ショパン チェロとピアノのためのソナタ
 チェロ  トルルス・モルク
 ピアノ  キャサリン・ストット
です。

この曲はこちらで紹介した、
ラフマニノフのチェロソナタとあちこち似ている点があるそうです。

・作曲者は高名なピアニスト
・当然ながらピアノ曲に傑作が多い
・だからだろうけれどピアノが活躍。しかも難しい。
・調が同じ(ト短調)
・楽章の構成が同じ(4楽章)

時代からして当然ですが、
ラフマニノフがショパンの真似をした、といって悪ければ、
ショパンのこの曲を参考にした、のではないか、とのこと。
チェロとラフマニノフといえば、
ピアノ三重奏でもチェロが活躍しますし、
ヴォカリーズのチェロ編曲もとてもいいです。
さらに、ピアノ協奏曲第2番の2楽章を、
「ピアノ、チェロ、尺八(!)」
の三重奏に編曲した録音があって、
私はこちらも結構好き。→ 「KOBUDO by 古武道

おっと、話がどんどんラフマニノフにそれてしまいました。
本題のショパンです。

ショパンといえば、
クラシック音楽に親しくない方でも名前は、たいていご存じ。
そしておそらくピアニストにして作曲家だったことも、たいていご存じ。
いくつかの有名な曲、たとえば、
 ノクターン 第2番 変ホ長調
 練習曲 第3番 別れの曲
 雨だれの前奏曲
 幻想即興曲
あたりは、「どこかで聴いたクラシック」的な扱いをされることも多いかと思います。特に上記のノクターンはフィギュアスケートに使われて有名なようですね。私はテレビを見ないのでそういう印象は全く無いのですが、この曲を一緒に聴いた人はたいてい、「ああ、マオちゃんの!」と言います。
私の周囲でピアノを弾く人は例外なくショパンを弾きます。ラフマニノフのところで登場した、私が好きだったピアニストの人も、ショパンのバラードが好きでした。(・・・という私的な感傷に駆動されているブログです:笑)

おっと、また話がそれました。
「ショパンコンクール」というピアノの超有名コンクールがあるくらい、
「ショパンと言えばピアノ、ピアノと言えばショパン」
だと思うのですが、
そのショパン、ちょっとだけ室内楽も書いてます。
私が知ってるのは4曲。
 このチェロソナタ、
 同じくチェロとピアノのための「序奏と華麗なるポロネーズ」、
 同じくチェロとピアノのための「悪魔ロヴェールの主題による大二重奏曲」、
 そして「ピアノ三重奏曲」。
なんと例外なく、チェロが入ってます。
お友達にフランショームというチェリストがいたからだそうですが、チェロの好きな私としては、あの、ピアノ偏執狂(失礼)のショパンがピアノ意外に興味を持った、おそらくなら唯一の楽器がチェロ、というのはとても嬉しいことです。

この曲を紹介しよう、と思って手元にあったのは、
 ヨーヨー・マ & アックス
 デュプレ & バレンボイム
 フルニエ & フォンダ
 モルク & ストット
という組み合わせでの録音でした。
ロストロポーヴィチ&アルゲリッチ、
というのが有名だそうなのですが未聴です。

その中から今回はモルク&ストットをチョイス。
理由は、
これまでモルクさんの演奏を紹介してなかったから。
(バランスをとりたくなる性分です。非音楽的な理由ですみません:笑)
(他の方々の演奏もいいですよ!特にデュプレ&バレンボイムが好き)

モルクさん、
チェロを好きな人、特にロマンチックな曲を好む人の間では、
それなりに名前が知られていると思うのですが、
それ以外での知名度は(日本では)イマイチな気がします。
何ででしょうね?北欧だから?
それとも来日してないのでしょうか?

でも彼の演奏はスゴいです。濃いです。
私は大好きです。
ロマンチックな曲をこれでもかというほどロマンチックに、
しかも余裕を持って堂々と、豊かな音で弾き進んでいきます。
ビブラートも素敵。

ショパンのこのソナタでは、
1楽章と4楽章ではがっつりとロマン派音楽を、
2楽章では軽快なリズムを、
3楽章ではショパンならでのは歌心を、
楽しむことが出来ます。

このソナタ、何といってもショパンの曲ですから、
あちこちで華麗なピアノが聞けます。
ピアノのキャサリン・ストットさんは、
こちらのCDでヨーヨー・マさんと共演している方。
「歌う系」チェリストと相性がいい方なのでしょうか。

このCD「トゥルルス・モルク ノクターン」では、他にも、
ショパンの曲を「チェロ&ピアノ」に編曲したものが収められています。
どれも素敵な音楽。やっぱりショパンとチェロは相性が良いのでしょう。
(ペレーニのこちらのCDにも夜想曲の編曲があります。)

以上、ピアノ好きでもある私ククーロの好きな、
ピアノの詩人ことショパンによる、
チェロのための音楽でした。

---------------------------------------------
本日紹介しました演奏は、
 ショパン 作曲  チェロ・ソナタ
 チェロ トゥルルス・モルク
 ピアノ キャサリン・ストット
でした。

mork.jpg 楽天(HMV楽天ストア) ・ HMVicon
---------------------------------------------



関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

モルクにすっぽかされました

はじめまして。

モルクは来日していますよ。
ただし「体調が悪い」とかで私が聴きに行くはずだった演奏会はキャンセルになってしまいましたので生では未聴です。

このCDは気に入っています。
大きなヴィブラートとつややかな音に魅力を感じます。
ソナタもすばらしいですが,何曲目だったかの夜想曲や前奏曲が気に入っています。

それはそれは・・・

ダンベルドア様、こちらこそはじめまして。
時々ブログにお邪魔しております。
(栄養ドリンク殺人事件には爆笑させていただきました:笑)

モルク、来日していたのですね。

以前からクラシック音楽のCDは時々買っていたのですが、
チェロ音楽に特別に興味を持って聞き始めてから、
「こんなすごい演奏家がいたんだ!」
という発見ばかりです。

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。