FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短調は調号が多くてややこしい。

無伴奏2番、プレリュード。
ニ短調です。

ニ短調はフラットがひとつ。

チェロはシャープのついた調のほうが、
どっちかというと弾きやすいので、
ちょっとニ短調は弾きづらい。

そのうえ、短調の曲って、
ちょっと臨時記号が多い(ことが多い 笑)のですよね。

もっとも、バッハの曲自体が臨時記号沢山ですけど、
短調のばあいはそれだけでなく、

・自然的短音階

・和声的短音階

・旋律的短音階

とあります。
(参考 wikipediaより短音階)

私の先生から教わったのと同内容ですが、

ピアノの白鍵で、
「ラシドレミファソラ」
とやるのが、『自然的短音階』。

でも、これだと最後の「ソラ」の間が全音で、
ソからラへ行ったときの「終わった感」が出ないので、
そのときだけソを半音あげてソ#にするのが、『和声的短音階』。

ところがこうすると、
ファとソ#の間が全音+半音、と開きすぎるので、
さらのファも半音あげてファ#にするがのが、『旋律的短音階』。

なのだそうです。

そして、二つ目の話からも分かるように、
『和声的』やら『旋律的』やらは、
基本的には、音が上がっていくときだけ。

なので、
あちこちシャープやナチュラルがついたりつかなかったりします。
実際、この曲、バッハの無伴奏2番のプレリュードでも、
ドにシャープがついたり、
シbにナチュラルがついてただのシになったり、
よくします。

さらに、

「臨時記号は、同じ小節のほかの音にも効く」

というルールがありますよね。
そのおかげで、

「この音符には書いてないけどシャープだよ」

みたいのが沢山あります。

私の先生いわく、

「忘れやすいから全部書いておくといいよ」
「僕ら(先生+仕事仲間の奏者の方々)も結構そうするよ」

とのことでした。

・・・ということを、
前回のレッスンのまとめ記事で書き忘れていたので、
忘れないうちに今日書いておきました(笑)




==============今日の1枚==============
4106081546.jpg Amazon ・ HMV

ドヴォルザーク チェロ協奏曲
独奏チェロ ピエール・フルニエ
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
指揮 ジョージ・セル

昨日の記事から、フルニエつながりで。
当ブログで初めて紹介した曲でもあるのですが、
そのときはロストロポーヴィチのものを取り上げました。

このフルニエの録音は豪快でありながらも気品漂う演奏。
入手してから4,5年は、ドヴォルザークといえばこればかり
聴いていた愛聴盤です。

ロストロさんものとはまた違う魅力で、
聞き比べて頂くに足る演奏と思っています。
===================================


bann2.gif
「凄い!」という意味ではロストロさんかなとも思います。
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ;

想像するだけで『うわぁ~』って思ってしまいます(笑)
私は本当に譜読みができなくて、
ただでさえフラットひとつあっても、
ちょっとこんがらがってしまうので…

もっと勉強しなくちゃいけませんね!!

■ちぃ様

お返事遅くなりました(汗
チェロはフラットのつく調が少し弾きづらいので、
フラットのつく短調はなおさらです(笑)
私の場合、左手が覚えてしまえばもう大丈夫なのですが、
それまでは楽譜をよく間違えるんですよねぇ。
結局は「習うより慣れろ」です(笑
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。