FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラーだろうとなんだろうと、左手を右手が追い越してはいけません

「左が先」ルール

ヴァイオリンやチェロをやっていると、
わりとあちこちで聞く注意事項だと思うのですが、

「左手が先」

というものがあります。

運指が運弓に先行する。
まず、弦を左手で押さえてから、弓で音を出す。

当たり前といえば当たり前ですね(笑


弓を返す時には分かりやすい

弓を返したり、
移弦したりするようなときには、
そうしないとおかしなことになってしまう、
とすぐに分かります。

例えば。

G線のBから、Cに上がるとしましょう。
弓は返します。

このとき、
Cの音を左手で押さえる前に、
弦を弾き始めてしまったら、

Bの音がCの音のまえに入ってしまうだけでなく、
おさえる途中の、
弦を中途半端に止めてる状態で弾いてしまうので、
モゴモゴした音が入り、
発音のキレが悪くなってしまいます。



スラーのときにも!

これは以前から結構意識してきたのですが、
最近もうひとつ発見。

スラーのとき。

上の例でいうと、

 B→C 

と音が上がるときに、
弓を返さず、
つなげて弾く、という場合。

この場合には、
弓はずっと弦上を一方向に動き続けているので、

「弦を押さえてから、弓を動かし始める」

とはいきません。

しかし。

それでも、

「左が先」

と意識すると、違うようなのです。

弓は止めずに動いているのに、

「まず左を押さえてから」
「弓で次の音を出す」

と意識していると、
やっぱりそのほうが発音がいいのです。


なんでだろう?

この効果がある理由は、きっとふたつ。

・左手の動きが良くなる

・弓も音によって違う動きをする


ひとつめから。

左手の動きが良くなる、というのは、
「左が先だ!」と意識していると、
右手に追いつかれないようにキビキビ運指をするから、
ではなかろうかと思います。

ふたつめの、弓のほう。

押さえる音によって、
弓を動かす速さや、弓を弦にあてる圧力、
変わりますよね、たいていは。
慣れてくると無意識のうちにやっているように思います。

弓を返す時ならば、

 Bの弾き方 → 返す → Cの弾き方

ですが、これに運指も入れると、

 Bの弾き方 → Cを押さえる → 返す → Cの弾き方

となる。

スラーのときは「返す」が抜けるので、

 Bの弾き方 → Cの弾き方

となりますが、ここで、
「左が先」を意識すると、

 Bの弾き方 → Cを押さえる → Cの弾き方

となりますね。

ここで、
「Cを押さえる」動作が終わってから、
弓が「Cの弾き方」に移ることで、
どうやらスラーであってもキレがよくなる、
ということがあるようです。


スラーでも、そうでなくても、左手が先。
意識しよう。





bann2.gif
ほんのちょっとでも早ければいいんです。
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもながら参考になります。
やっぱりチェロは発音が命。
発音をきちんとやろうと思ったら決定的に大事なことだと思います。
僕はなんとなく最近「右手が後」でイメージしていたのですが、
「左手が前」だなと思いなおしました。

考えたこともなかった

「発音はきちんと」というのがおそらく部活のおかげで身についているので、
発音をきちんとするためにする何かを考えたことがありませんでした。
そもそも、野生の勘で弾いているものですから。

ちなみに、部活では「拍頭をしっかりと」と言われたことが多かったです。
特にバロックは。

テクニカルなことができなくてきちんと発音できない場合は、
左手だけ動かしてみたり、弓だけやってみたり・・・
試行錯誤しています。

考えるなら徹底的に考える

■たこすけ様

ありがとうございます。
なんか変だなぁ、と思ったときには、
たいてい発音が甘くなっています、私の場合。

>右手が後
先・後問題について、さらに考えてみました。
次の記事にまとめましたのでご覧下さいませ。

■poplog様

野生の勘があまり働かない私のような大人(笑)は、
理詰めで考えて練習しないと出来るようにならないのですよ!
拍頭をしっかりと、は私も年中先生に言われています。
ずっとバッハばっかりやってるものでなおさら。
でもけっきょくは試行錯誤しながら練習して上達すのですよね。
ここは野生派も理屈派も同じですね。

半拍先

堤剛先生のマスタークラスを聴いていたときです。

「まず遅いテンポで練習しなさい。
遅いテンポで練習するときのポイントですが,右手で音を出す半拍前に左を押さえることです。」
実際にやって見せていただきました。
曲はバッハ無伴奏組曲の第4番でした。

ゆっくりだからできそうですが,私が実際にやってみると本当に難しいです。
ということはできるように練習を続ければ本当に有効になるはずです。

■ダンベルドア様

おお、半拍先、ですか!
なんとなく分かるような。
演奏法というより練習法、でしょうかね。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。