スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中のトロンボーン奏者から、A Song For Japan


Tronbone.jpというところのプロジェクトです。

世界中のトロンボーン奏者による録音。




私はトロンボーン奏者のことはよく知らないのですが、
ベルリンフィル、ニューヨークフィル、
それからコンセルトヘボウの奏者の方々も参加されているようです。

みなさん素晴らしい演奏で、
オーケストラでは「元気屋さん」の印象があるトロンボーンが、
こんなにも繊細な表現の出来る楽器だということを知りました。

それぞれが、それぞれの持ち場で、
一生懸命に力を発揮することが、
結局は、やるべいこと、出来ること、
なのだろうなと、またしても感じました。

まったくゆれない京都では、
画面や紙面でみるばかりで、
なかなか実感できないのですが、
こうやって演奏家の方が伝え続けて下さることで、
忘れずにいることが出来ます。


音楽家は、音楽で。


大学の研究者である私は、
自分達の研究と、学生を育てることと。

明日からも、また、がんばろう。


関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね♪

私のいる東京も、そこまで大きな揺れはもうないですが、
あの震災の日は、やっぱり今まで感じたことのない大きさの揺れがありました。
東北の方々に比べたら、きっとなんてことないと思うのですが、
それでも、この演奏に救われた気さえします。
トロンボーンの音色ってこんなに優しいんですね。
それも新発見でした♪
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。