FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイポジのソロを弾くならやっぱりADは元気な弦で レッスン #47

先日の記事で、
全ての弦をヘリコアにしたこと、
それが先生にも結構好評だったということを
書きました。

1年ぶりの弦交換 クロムコアからヘリコアへ
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-474.html


先生のヘリコア評
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-483.html


その1週間後、次のレッスン。



曲は相変わらず「夢のあとに」なのですが、

「ちょっとハイポジの音が弱いねぇ」
「ヘリコアだと張力が足りないのかもしれない」

ということで、

「じゃちょっとこれ張ってみる?」

といって、
先生が前回張っていたという、
パーマネント

parmanet.jpg
 Amazon
楽天(クロサワ楽器)

のA線、D線を取り出してきました。

やってみますやってみますということで、
さっそく張り替え。

先生は慣れているもので、
あっという間に張り替えてしまいます。

まずはA線だけ。

うん、確かにこっちのほうが、
高音でも張りを失わないというか、
密度の高い音が出ているような気がします。

先生に弾いて頂いても、
しっかり音が飛んでくる。

それに対してヘリコアは、
よく言えば、ふわっと音が広がっている。
悪く言うと、ボディが薄い気がして物足りない。

さほど広くないレッスン室での聞こえ方ですので、
広いところで聞いたならば、
どちらがより遠鳴りするのか、
私にはよく分かりませんが、
ひとまずこれでいってみようと決めました。

弦は先生にお借りしたそのまま(笑)

で、このままだと、D線とA線の音にギャップがありすぎて、
ちょっと不自然な感じがするので、
D線もパーマネントに張替え。


先生いわく、
G線C線は、ヘリコアのように、
しなやかで張力が低めの弦のほうが、
幅広く振動するし、いい音が出ると思うのだけれど、
A線D線は、ラーセンやパーマネントのように、
張力の強い弦でないと、
ちょと力不足になるのではないかな、
とのことでした。


まだ弓のほうが、
パーマネントに慣れていないのですが、

「パシーン」

と音が出るので、
なるほど、ソロで高音をばんばん出したいときは、
こういう元気な性格の弦のほうがいいのかもな、
と思ったのでした。




bann2.gif
もちろん奏者の腕のほうが大事なことには変わりない。
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

弦♪

まだまだ弦を色々試すまでいっていないのですが、
弦1つとっても深いんですね♪

まずは、音の違いをきちんとわかるようにならなくちゃ…(笑)

■ちぃ様

弦はすごく沢山の種類の製品がありますが、
材質や特徴でグループ分けも出来ますので、
「私はこういう弦が好きみたい」
というのがわかるようになればいいかな、
と思っています。

(組み合わせも結構大事らしく、
 ひとつの弦を交換すると、
 交換していないほかの弦もよく鳴ったり、
 逆に鳴らなくなったり、
 ということもあるそうです)

とはいえ。

まずはしっかり音を出せるようにならないと、
どの弦でもよい音が鳴らないですよね(笑)
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。