FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト・ホルン協奏曲に低音パートの面白さを聴く

たまたま、モーツァルトをちょっと聴きたい、
と思ってYoutubeを検索しましたところ、
次の動画が上位にでてきました。



名手ラデク・パボラク氏のホルンの充実した音、
安定感のあるよどみない表現が素晴らしい!


…とは勿論思うのですが、それよりもこの演奏、
オーケストラの低音パートがすごくいい仕事してると思いました!

モーツァルトの協奏曲ではよくあるように、
冒頭しばらく、独奏ホルンが入ってくる前に、
ヴァイオリンを中心とする序奏があります。

しかしそこで、
ポポポポとかポンポンと聴こえてくる低音。
おそらくチェロ&コントラバスだと思うのですが、
これが音楽の流れをつくっているのがよく分かります。

42秒頃、いったん低音パートが抜けます。
それが48秒頃にまた戻ってきますが、
このときの印象の違いを聞き比べていただくと、
なおよく分かるのではなかろうかと。

モーツァルトにはチェロの独奏曲がない、
ということで、チェロ弾きとしては若干残念でもありますが、
これだけ「これだ!」という役割が与えられていると、
伴奏は地味でつまらない、などという文句は全然出てきません。

私はこれまで合奏をしたことがないので、
低音パートを弾いた経験はほとんどないのですが、
これなら弾いてみたい、と思いました。

モーツァルト・ホルン協奏曲第1番。 K.412+K.514。
覚えておきます。




bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

名曲名演

こんにちは。
ホルン協奏曲「第1番」ではありますが
おそらくモーツァルトの最後期の作品のひとつであるだけに、
全く無駄のない、円熟の極みの音楽ですね。

しかしこの曲の低音弦に注目するとは・・・。
とはいえ私も最近コンサートなどに行くとチェロばかり見てますが。

それにしてもラデク・パボラクのホルンは素晴らしいですね。

■木曽のあばら屋様

この曲からは球を想像します。まんまるでころんと。
1番と通称されてるだけで作曲はかなり後のほうだったみたいですね。
モーツァルトの曲は低弦にけっこう面白い音形がきていることが
多いと思うのです。
とはいえチェロをしていなければ気づかなかったでしょうけれど。

それにしてもこの方のホルンはうまいですね。
文句のつけどころが見つからない(笑

No title

モーツアルトはチェロの独奏曲は書かなかったものの,コンチェルトやシンフォニーのチェロパートを弾くのは,本当に楽しいです。不要な音がひとつもないのは不思議なくらいです。

バボラクはまだ無名のオケにいることから「すごいホルン吹きがいる」とうわさされていましたが,やはりベルリンフィルに入りましたね。

ベルリンフィルのチェロバスの力強さと説得力はこの動画からもよくわかりますね。

ククーロ

今までモーツァルトのオーケストラ作品は
あまりきちんと聴いてこなかったのですが、
この演奏では低弦に耳が釘付けになってしまいました。
どうりで上手いと思ったらベルリンフィルだったのですね。
(気づかなかった 笑)

ホルンの上手さは三回目くらいにようやく聞こえてきました(笑

モーツァルト、
弦楽四重奏やピアノ三重奏は楽しそうだと思っていたのですが、
オーケストラのチェロも良さそうですね。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。