スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロ&ギター 超癒し系デュオライブ 荻野健・日南智之

演奏会に行ってきました。

チェロ&ギター 超癒し系デュオライブ

チェロ 荻野健
ギター 日南智之


場所:ろくさろん
日時:2011年9月4日

<前半>
詩人と農夫 序曲 (スッペ)
ソナタNo.3 a-moll (ヴィヴァルディ)
荒城の月変奏曲・禁じられた遊び
  (この二曲のみ、ギターソロ)
白鳥 (サン=サーンス)
鳥の歌 (カタロニア民謡)
黒鳥の唄 (ヴィラ・ロボス)

<後半>
イパネマの娘 (ジョビン)
おいしい水 (ジョビン)
粉屋の踊り (ファリャ)
スペイン舞曲No.5 (グラナドス)
ハンガリアンラプソディー (ポッパー)

<アンコール>
トロイメライ (シューマン)
リベルタンゴ (ピアソラ)


場所は奈良市、新薬師寺の近く、
「ろくさろん」ということろ。

ろくさろんWebサイト
http://www.geocities.jp/rokusaron/

小さな会場でお客さんは20人ほど?
奏者とは同じ高さで最前列の方は目の前。



チェロとギター、というのは、
私は結構いい組み合わせだと思っています。

ときどきそういうコンサートや録音はありますし()、
以前にも記事でも取り上げました。

チェロとギターは、相性がいい。
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-173.html


しかし、演奏会で問題になるのは両者の音量。
ギターというのは比較的音の小さな楽器なので、
チェロがロウロウと弾いてしまうと、
どうしても音が聞こえづらい。

そこで、チェロとギターの演奏会では、
ギターのみ、マイクを使って音を拡大する、
ということが普通に行われているようです。
今回もそうでした。

演奏はどれも面白かったです。

というのは、今回演奏された曲は、
どれもこれも編曲もの。そりゃそうですね。

普段はピアノとの演奏で聞きなれている曲も多いので、
なるほどギターと弾くとこういう風に聞こえるのか、と。

もちろん、プロの弾くクラシックギターの音色にも、
そうかギターってこんな言い音がしたのかと驚きつつ。

また、
上記曲目を見てもわかるように、
比較的有名・人気のある曲が多かったので、
どれも録音を聴いたことはありましたが、
私はあまり演奏会に足を運ばないので、
はじめてナマでプロの演奏を聴く曲ばかり。

自分でもいずれ弾きたいと思う曲が多く、
そうかこういう曲なのか、と、
とても勉強になりました。

よく知らなかった曲としては、
ヴィヴァルディのソナタ。

存在は知っていましたが聞いた記憶はなく、
今回聞きながら、
あー、これはいつか弾きたいな、と思いました。

自分では弾いたことがないので自信はないのですが、
ヴィヴァルディの弦楽器の曲は、
楽器に対してとても素直につくられているような気がします。
これは弾いて楽しそうだな、と。

技術的にも、弾いて弾けないことはなさそうなので、
バッハの二番が終わったらちょっと相談してみよう。



さて。



突然ですが告白しますと、
このライブ、チェロ奏者は私の先生です。

はい、どうでもいいですね(笑)

読者の皆さんにとってはどうもいいと思うのですが、
私自身にとってはもちろんどうでもよくなくて、
今回のコンサート、実は初めて聞く先生の演奏会でした。

もちろん、レッスンのときにはお手本を弾いて頂きますし、
教室の発表会での演奏も聞いたことはあったのですが。

感想。

うちの先生、こんなに上手だったんですね。

あはは(苦笑)

いやもちろん、上手なのは知っていたのですが、
先生はあまりテクニカルな曲は好きでないらしく、
どちらかというと伸ばす音の多い、ゆっくり目の曲を、
好んで弾いてらっしゃるようでして。

なのでバッハも、
サラバンドが好きでクーラントやジーグはあんまり、とか。

ですが今回は、ヴィヴァルディ、
ポッパーのハンガリー幻想曲など、
比較的音符の詰まった曲もあり、
特にハンガリー幻想曲は、
かのポッパーの作曲で、当然ながらチェロは猛烈に忙しく、
(ギターも大変だったそうです 笑)
指板上を左手はいったりきたり、
後半は運弓も高速で、
先生が曲紹介の時に言っていたとおり、
「チェロ弾く人なら笑ってしまう」
(というのは、曲からスーパーテクニックの要求に、
 あきれてしまって笑うしかない 笑)
という曲でした。

で、ご本人は演奏直後に、
「ひどいめにあったわ 笑」とおっしゃっていましたが、
この曲をスラスラ弾けるというのは、
そりゃあプロなら当然なのかもしれませんが、
目の前でやられるとやっぱり驚いてしまいます。


また、今回は隣に座った方が、
たまたま同門の先輩でして(面識はなかった)、
お互いのレッスンのことなど話して盛り上がったりと、
収穫の多い半日でした。





bann2.gif
発表会の曲選びでもひとしきり。
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメ様:今年は行けないのです。場所は確かにややこしいところにありましたけど、地図の通りに行ったらちゃんとつきましたよ!帰りに市内のバスにのっていたら道路を鹿が自動車に混ざって走ってたのが衝撃でした。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。