FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのピアノ伴奏


愛の挨拶、一週間後に本番。
今日はピアノの人と合わせをしてきました。

ピアノと一緒にチェロを弾くのは初めてです。
(一年目に発表会がありましたが無伴奏だったので)

これまでのレッスンでも、
また、色々なところの話でも、

「ピアノは音が大きいから、
 チェロは消されないようにがんばらないと」

とよく聞きました。

どんなもんだろ、と思って弾き始めると、
はじめはどうってことなく自分の音も聞こえて、

「あれ、大丈夫なんじゃない?」

と思ったのですが、
曲が盛り上がってきてフォルテとか楽譜に
書いてあるところになると、
ピアノがガッツンガッツン鳴ってて、
もうチェロはどこいったの、という感じに(笑)

これではどうしょうもないので、
ピアノの蓋をしめてもらい、
普段よりも2段階くらい音量を上げた感じで弾いて、
ようやくなんとかなりました。

弓をめいっぱいつかって、
ちょっと駒寄りにして、
左手も心もちしっかりめにして、
動く動く!
スポーツをしたあとのような爽快感です。


それから、ピアノ伴奏がついていると、楽。

楽その1.

音楽の流れをつくってもらえますから、
自分はそれに乗っかればいい。

楽その2.

音程の基準がある。

チェロを弾いていると、
絶対音感のない私には、
直前の音からの音程でとっていくわけですが、
いっかい外れてしまうとそのまま外れっぱなしになります。
で、開放弦を引いたときに「あれ」ってなって気づく(笑)

ところがピアノ伴奏があれば、
ピアノの音の高さは基本的に一定ですから、
それを基準にして、
常に自分の音のずれを認識することが出来ます。

これはありがたい。


しかしアンサンブルは楽しいですね。
相手の人が上手なのでなおさら楽しい。


今回相談したことを確認しつつ、
練習出来るだけ練習して本番に備えたいと思います。

楽しく弾けるように。

bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Air Jordan VIII

The current Fiesta’s interior still looks fresh, so there aren’t any major changes to the dash Air Jordan Scarpe or switchgearThe current Fiesta’s interior still looks fresh, so there aren’t any Louis Vuitton outlet online major changes to the ...

ntYUaybX

アマチュアチェロ弾きはブログがお好き。 初めてのピアノ伴奏

コメントの投稿

非公開コメント

ピアノ♪

ピアノとのアンサンブル♪
楽しそうですね!!

でも、やっぱりピアノは音が大きいんだ…
いまさらですが(笑)

今、私がピアノ伴奏なんてお願いしたら、
完全に迷惑かけちゃうだけなので…
でも、いつかアンサンブル、やってみたいなと思います

No title

こうやってアンサンブルをやるといかに楽器を鳴らさないといけないかがわかりますね。つい力が入りますが,力を入れると逆効果ですね。

ステージはチェロはピアノに対して後ろ向きなので,ピアニスト自身もチェロの音は聞こえなくなるそうです。

ある先生に伺ったのですが,最大音がピアノ120ホンに対しチェロは64ホンだそうです。

こう見ると単純に2倍ですが,確かエネルギーは対数的におおきくなるはずなので4倍近くになりますね。

ピアニストには押さえていただくようによくお願いしましょう。

ピアノ伴奏は難しいです…!

私は元々ピアノ弾きでしたので、学生時代は学内の合唱大会?でいつも伴奏をやらされており…
わりと伴奏は慣れていると思っていたのですけど、合唱の伴奏と、その他少数楽器の伴奏では勝手が違うことを今まさに思い知らされています…。

っていうか、ソロや合唱伴奏ではわりと譜面どおりにフォルテ、フォルテシモで弾いても無問題だった(多分…客観的には不明)のに、少数楽器の編成に混じると、ピアノの音がでかい…!

ホールではピアノってそれほど意外と響かない…と思うのですけれど(発表会などのDVDを見る限り)、12畳程度の練習室では一番響くんですよね~。
タッチを極力弱めても音量が勝ってしまうので、私はほとんど弱音ペダルを踏んで弾くはめに(T-T)

弦楽器でも弱音を美しく響かせるのは至難の業ですが、ピアノでも限りなく弱い音は難しいんですよ~。

レス

■ちぃ様
はい、そうみたいです。
アンサンブルは楽しいのですが、
こちらがしっかり音を出せないとピアノソロに(笑

私も相手の方に迷惑かけまくっていると思うのですけれど、
今回は誘われたことでもありますし、
ピアノの方がとても上手なので何とかなりそうです。
(一生懸命弾くので合せてくださいとお願いしました 笑)

実際には必死で全身を耳にしてピアノを聴くわけですが、
それでも自分が対応する力がないと上手くいかないですねぇ。


■ダンベルドア様
そうそう、力を入れると逆効果。
弓の長さは使いつつ、弓を弦には押し付けない。
ちょうどいいバランスを探しているところです。

合奏している相手の音が聞こえなくなる、
ということはよく起きますよね、ステージでは。
私はかなりの時間一緒に練習した人としか
本番で弾いたことがなかったので、
だいたい空気で分かっていたのですが、
今回はどうもそうはいかないようで(苦笑

ポイントで息を吸ったりして工夫しています。
まあ次はぶっつけ本番なのですが・・・

チェロとピアノの音量の測定、興味深いですね。
また調べてみよう。

■ありこ様
ピアノを弾く人たちにはいつも憧れております(笑)
合唱の伴奏でピアノが邪魔になるってことはまず
ありませんものねー。
でも弦楽器は圧倒的に音が小さいので、
蓋閉じて2段階くらい落して頂いて・・・(笑)

小音量を出すのが難しい楽器、というのはありますよね。
弦楽器の音の範囲での小さい音を奇麗に出すには、
それはそれで難しさはあるようですが、
ほかのいろいろな楽器と比べると、
やはり大きな音を出すのが難しい楽器であると感じます。
その点、金管楽器は小さい音が難しそうですね。

ん、でも、ピアノは(その名が指すように 笑)、
もともとは音量調節が自在な楽器であったはず・・・

bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。