スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦楽器に歌わせるなら歌曲を弾けばよい。 モーツァルト「レクイエム」:ドビュッシー四重奏団

sqrequiem.jpg HMV


チェロを始めてもうすぐ3年になります。

旋律をうたう楽器としてのチェロは、
これまでCDなどでよく聞いていたので、

「チェロや弦楽器は旋律を歌うもの」

という認識は結構ありました。

というのも、
チェロ奏者やヴァイオリン奏者のCDでは、
チェロやヴァイオリンが旋律を弾き、
ピアノが伴奏をする、というのがよくあります。

そういうCDの例として、私が聴いている範囲で、
素晴らしいCDと思うものを下記の記事でいくつか紹介しました.

チェロCD・初めの1枚にオススメは?
http://kukulo.blog83.fc2.com/blog-entry-163.html


なかには歌曲からの編曲などもあり、
例えばフォーレの「夢のあとに」などは、
ごく頻繁に弦楽器でも演奏されています。


しかし。


一方で私自身はというと、
バッハを中心に学習していることもあり、
いまいち「歌う」ことが出来てないように感じていました。

以前は管楽器をしていたので、
呼吸で音を出すという意味では歌と近いところがあったのですが、
弦楽器だとなかなか思うように出来ない、という。

それで昨年は上記「夢のあとに」などを練習しながら、
これは主として運弓の問題なのだろうと思い至るようになりました。

そして、少しずつですが、
歌うときや、
管楽器を演奏するときにしていた「歌う」ことを、
運弓や左手のビブラートで表現する方法を、
練習していたところです。

バッハの無伴奏チェロ組曲は、
基本的には非常に器楽的、
あえていうなら鍵盤楽器的な音楽だと思います。
(サラバンドなどは例外と言えるかもしれませんが)

そこでは、メロディを歌うことよりは、
舞曲のリズムと和声の原理に従って音楽を進行させ、
最後の和音で解決に至ることが、
演奏上の主たる要求になる、
と感じています。

西洋音楽の3要素のうちの、

・リズム

と、

・ハーモニー

と言える・・・のかどうかは自信がありませんが(笑)

それが、歌曲を練習したおかげで、

・メロディ

についても、その表現方法を練習することが出来、

「弦楽器は歌う楽器である」

ということが、なんとなく、分かるようになってきました。


さて。


本日紹介します演奏は、

モーツァルト作曲 「レクイエム」

の、

ドビュッシー弦楽四重奏団

による演奏です。

当然ながらレクイエムは歌曲。

このCDではそれを弦楽四重奏に編曲し、
ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロで演奏しています。

普段はこういう色物(?笑)は、
よほどの事前知識があるか、
奏者の誰かのファンであるか、
でないと聴かないのです。

が。


先日エール・フランスの飛行機に乗った際に、
読書のBGMをと思い、
せっかくなのでフランスぽい音楽をと、
機内の音楽サービスを探したところ、

「ドビュッシー弦楽四重奏団」

の名前に惹かれてこれを聴いてみたのです。

そしたらあっという間に釘づけ(笑)

もう弦楽器が歌うわ歌うわ、
耳が離せなくなってしまいました。

モーツァルトのレクイエムは以前からこちらのCD

requiemunormal.jpgAmazon

で聞いていましたが、
弦楽四重奏で聴くと、聴きなれた旋律ではあるものの、
なんといってもそこにチェロが入っていますので、
アマチュアチェロ奏者の私としてはチェロの音を追いかけてしまいます。


多くの場面ではヴァイオリンが主旋律を弾きますが、
そこはモーツァルト(の曲の編曲)。
ベース音を刻むだけではなく、
低音部にもさりげなく美しい旋律が配され、
チェロ聴いていても結構満足。

もちろん高音部のヴァイオリンは、
モーツァルトの流麗で印象的な旋律を、
これでもかと連ねていきます。

弦楽器は歌える楽器なんだなと、
当然と言えば当然ですが、
あらためて認識させられました。

そして、私もこのように自在に歌うことが出来るようになりたいと、
志を新たにした次第です。


本日紹介しました演奏は、

モーツァルト作曲「レクイエム」
ドビュッシー弦楽四重奏団 
sqrequiem.jpg HMV

でした!


なお、未聴ですが、
クイケン四重奏団による同曲の演奏もあるようです。
sqrequiem2_kuiken.jpg Amazon



bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

モーツァルトの弦四が1曲増えた、ラッキー!みたいな

こんにちは。
このCD、私も愛聴しています。
「モツレク」なんですが、弦楽四重奏曲としてサラッと聴けちゃうところがいいですね。
たしかにチェロ的にも美味しいところたくさんありますし。

私も自分のHPに以前このような記事を書きました。
   ↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/requiemquartet.htm

■木曽のあばら屋さま

記事拝見しました!
そうそう、歌の入ってる「レクイエム」だと、
襟を正してかしこまって聴いてしまいますが、
これだと宗教的意味合いから少し離れて、
音楽として干渉できますね。
そして補筆部分の出来の悪さにもまったくもって同感です(笑)
出来悪いってわかってるんだから弾かなきゃいいのに。

面白いですね

早速注文して聞いてみました。
「色物」ではありますが、
音楽の「骨組み」みたいなもの。
絶対的に美しいものはどうやっても美しいって感じですね。
このカルテット良い感じですね。
それこそ、他の曲の演奏も聴いてみたいです。

レクイエムは合唱曲です。
広い意味では歌曲と言えなくもないでしょうが・・・
チェロで歌曲を演奏した録音ならマイスキーがシューベルトのリートを演奏していますね。
冬の旅の終曲もあったりして、
あそこまでボウイングで表現出来るなんてすごいものです。
究極の歌心を示しているのはカザルスの「鳥の歌」でしょうか。
元々はカタロニア地方のクリスマスソングだったということが見事に飛んでしまって、
平和の使徒カザルスのテーマソングになっちゃいました。

No title

僕も買っちゃいました・・・(^^)

お返事遅くなりました

■えにお様

そうそうそれです、色物(笑)
私も他の曲の演奏を聴いてみたいと思いました。

は!たった今まで、
声楽曲と歌曲をいっしょくたにしていました!
そうか、歌曲はソロのものだけか。
勉強になりました(笑)

鳥の歌はそういう意味合いがついてしまって、
かえって曲それ自体としての演奏・鑑賞を
妨げているようにも思います。


■たこすけ様

是非ご感想を(笑)

来ましたよ

ドビッシーカルテットの演奏で、ルクーの弦楽四重奏曲が届きましたよ。
なかなかこれもご機嫌ですね。
このカルテットってなんだかミカン狩りに行って食べる完熟ミカンみたいで
味が濃い感じがします。それでいながらとてもさわやか。
残り味が甘い感じ、ちょっと癖になりそうです。
ただし、ルクーの曲自体はかなり愁の濃い曲です。
他のレコードの到着も楽しみです。
鳥の歌については全く仰る通りで、
元来のクリスマスカロルの味わいが飛んでしまっています。
それだけカザルスが偉大という事はまあ良しとして、
声楽家の皆さんに取り上げて欲しいものです。

■えにお様

この四重奏団、なかなか良さそうですね。
私も今度の注文のときには探してみます。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。