スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく透る音質で弾く レッスン #58


発表会前、最後のレッスン。
今回はピアノの先生と一緒に合わせです。
曲はフォーレのシシリエンヌ。

(私の通っているところは、
色々な楽器・歌を教えている教室でして、
ピアノの先生も何人もいらっしゃいます。
発表会の時には分担して伴奏をして下さいます)


■テンポとタイミング
・全く問題なし
・最後の和音は後ろ(高音)に合わせてもらう
・入りは少しゆっくりめに
【ぴったり合わせて頂きました】

■音量足りてない
・指板寄りになってきている
・弾いてる自分の耳には良い音に聞こえるが
・駒寄りを、多少ガリガリ言うような
・腕の重さをかければそうなる
・が、そんなにかけなくても出来る
・弦に圧力をかけることではなく、
 そういう音質で弾くこと
・弓先では少し調節してやる必要がある
【ついに来た、「ピアノに負けない」問題!】

■加重と弓の動かし方
・あくまで弓は握らないこと
・握ってしまうとむしろ弦にかからなくなる
・音を鳴らすのは弓
・そうなるように動かしてやる
・駒寄りを弾くので速く動かしすぎないこと
【ただ腕の重さを目いっぱい弦に落とそうとすると、
 すんごく前腕と手が疲れます 笑】

■ピアノは・・・
・音を小さくするには限度がある
・無理に小さくすると音楽が小さくなるので
【ということなんだそうです】

■音程
・長調のところで怪しくなる
・低音のEbが特に怪しい
・ピアノのEbが鳴っているのでずれると目立つ
・入る前に弦を叩いて確認しておく
・1指でDを抑え、Ebを2指で軽く叩く
・ピアノの拍に合わせて
・D線4.5posは慣れない運指
・3指のCで合わせる
【なるほど!】

■ステージ上の位置
・チェロがいちばんよく響く場所を探す
・前ならいいというものではない
・前に出過ぎるとかえって反響がなくなる
・本番前のリハーサルの目的は場所探し
【とういことなんだそうです】

■楽譜を置く位置
・チェロの真ん前には置かない
・見えないし聞こえないので
・普通は右前に置いたほうが楽
・右手でめくれるから
・今回はめくりがないので左右どちらでも
【右のほうが見やすい気がします。覚えてますけど】


本番は29日、日曜日。
京都市文化芸術会館です。私の出番は13時頃。
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

いいなー!!

エレジーは暗譜で弾いたし、会場も狭かったから、
そういう問題はまったくなかったなぁ・・・
という思い出はさておき。

フォーレの難しさは和音の複雑さ、繊細さにあると思います。
伴奏してくれた子が、
「和音が美しくて好きだけど、きつい」
とこぼしていました。

和音に関してはチェロ奏者はどうすることもできないので、
ピアノに身をゆだね、最善のことをすればいいんじゃないでしょうか。

■poplog様

暗譜はしてるんですけどね、
今回は楽譜を置いておけと言われました。

この曲、チェロはほとんどずっと旋律ですが、
ピアノと一緒になっているということは、
チェロの音も和音を構成しているということで、、、、
と、まあ難しいことは考えずに明日は弾いてきます。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。