スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音程は良心の問題である」by カザルス

音程の練習を一生懸命しているところです。
少しずつですが、音程を覚え始めたようです。

弾きながら、
「あれ、この音違ったぽい」と思って確かめると、
やっぱり違う、ということが、たびたびありました。

よい音程を身に着ける、ということは、
左手の技術としては、
「鳴らすべき音の場所を一発で押さえる」
ということなのでしょう。

しかし、
そもそもその「鳴らすべき音」が
頭の中で鳴らせなければいけませんし、
自分で自分の音を聴いて、
出そうと思った音との乖離を把握できなければなりません。

平たく言うと、
「変な音出したら自分で分かる」
ってことですね。

言葉にすると短いですけど、
でもこれほんと大変で。私には。

もともと頭の中に鍵盤が入っている方は、
それと照らし合わせる、というかむしろ、
照らし合わせようとするまでもなく、
高いとか低いとか感じるのかもしれません。(うらやましい)

でも私の場合はそのようなことはなく、
まずその鳴らそうとする音の高さを覚え、、
意識的にそれを狙い、
自分の出す音の高さ、音程を、
よーくよーく注意して聴いて、
鳴らそうと思った音と比較しなければ、
鳴らすべき音からのずれを検知できないのです。

で、ちょっとでも気を抜くと、
指が押さえやすい方向に寄って、
例えばFisが低くなったりするわけです。


さて、本稿のタイトル、「音程は良心の問題である」。

カザルスが音程について語った言葉として、
あちこちで言及されています。

これだけ広く知られているということは、
どこかに記録が残っているのだろう、
と思って簡単に検索をかけてみたところ、
こちらの書籍の102ページにオリジナルが
あるようでした。


Casals and the Art of Interpretation

もともと何語でそういったのか分かりませんが、
同書には英語で書かれているのでその部分を引用します。

‘Intonation,’ Calas told a student, ‘is a question of conscience. You hear when a note is false the same way you feel when you do something wrong in life. We must not continue to do the wrong thing.’
(Casals and the Art of Interpretation, David Blum, 1980)


【ククーロ訳】
「音程とはね、」カザルスは生徒に言う。「良心の問題なのだよ。ある音が間違った音程で鳴らされたとき、普段の生活で何か悪いことをしたときと同じように感じるはずだ。悪いことをし続けてはならないのだよ。」

よく引用される部分は、
"Intonation is a question of conscience"
ですね。

このquestionはmatterと書かれているのも、
よく検索でひっかかります。

「良心」にあたる単語はconscienceで、コンシェンスと発音します。
(私としてはコンサイエンスと発音したくなるのですが・・・)


えーとえーと、カザルス先生、あの、
おかしな音を鳴らしてもそもそもそのことに気づかないので、
まーったく罪悪感がないのですけれどワタシ・・・

もっともカザルスさんはこの著者がここで書いているような意味でだけ、音程は良心の問題だと言っていたのかどうか、分かりませんけれどね。私は今回調べてみるまで、この言葉は、「おかしな音程で鳴らしていても本人は平気だが周りは気持ち悪い。自分の勝手で他人に迷惑をかけてはいけない」というような意味で「良心の問題」なのだろうと思っていました。(し、カザルス氏もそういう意味でもconscienceと言っていたのかもしれません。ただ上記の部分には直接にそう読める説明の記述がないだけで。)


なお、「カザルスとの対話」では、音程の話は240-243頁でされています。
(そしてその後に、「弦は切れる直前がいちばんいい音がする」という話になります 笑)

カザルスとの対話




bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラガモ 靴

アマチュアチェロ弾きはブログがお好き。 「音程は良心の問題である」by カザルス

louis vuitton outlet

アマチュアチェロ弾きはブログがお好き。 「音程は良心の問題である」by カザルス,Denne artikkelen ble skrevet den nøyaktige Men hvis du ønsker å se relaterte artikler du kan se informasjonen her:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.c...

モンクレール ダウン

アマチュアチェロ弾きはブログがお好き。 「音程は良心の問題である」by カザルス

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内

突然、失礼します。
私どもは北九州市という九州の北の端っこの街で、会員制の音楽鑑賞団体を運営している者です。

9/18に、水谷川優子さんのチェロ・リサイタル(伴奏:小柳美奈子さん)を開催するので、ネットで資料検索をしておりましたところ、ククーロさんのブログに遭遇いたしました。

ククーロさんは、京都にお住まいとか。
京都から私どもの街のメインST.小倉までは新幹線でおよそ2.5時間。コンサートは、水曜日の19時からなのでちょっと無理ですが、日帰りも可能な近さです。
かく申す私、事務局員のTODOは、茶道を趣味としているため、京都には日帰りやら自ら運転する車やらで、度々行き来しております。

会員制の団体ではありますが、会員外の皆様への一般券も出しておりますので、ご都合がつきましたら(なかなか困難とは存じますが)、北九州へ水谷川さんのチェロを聴きにいらつしゃいませんか?

北九州は地味ィな街ですが、玄界灘のお魚はじめ、食べ物がおいしいところです。あと、工場夜景とかあります。
なんて、強引なお誘い…失礼いたしました。

音程は…

わたし苦労したことないですが…応援してます!相棒とってもいい子だから、きっとだいじょうぶです(´ω`)
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。