スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりバッハは楽しい レッスン #67


相変わらず音程の問題に取り組んでいます。
この半年はト長調音階ばかり練習していましたが(ハ長調も少し)、
バッハ無伴奏1番プレリュードに着手して、ニ長調も必要に。
この曲はチェロを初めてちょうど1年で初めての発表会で
弾いた思い出の曲なのですが、
こうして練習しなおしてみると発見が沢山ありますね。


■セーハ
・ギター用語。左手人差し指で複数の弦を同時におさえる
・Bach1-1ではまず2小節目でA&D線のE&B
・これはト長調の音階をとるときにやっているとおり
・次にC-G-D線のE-Cis-Fis これが難しい
・指板のカーブにそわせることが必要
・指のどのあたりを弦にあてるか
・ひとつは間接の場所との関係で探す
・もう一つは円周上のどこか
・指を先から見て爪が12時とすると8時くらいがいいようだ
・D線は多少おさえが甘くても弓で鳴らせる
・ので、他の2弦を優先する
【セーハはぴたっとそこをとるのが難しい】

■半音階
・指の進行を単純にしておくと分かりやすい
・1,2,3 (シフト) 1,2,3 みたいな
・音程を確認しやすい音に注意してとる
・この場合ならG、C、D、E
・とれるところでよく音を確認しないとどんどんずれる
【ここ盛り上がるんでつい左手の意識が薄くなります】

■高め、低め
・メロディの盛り上がる音は多少高くても
・他にもソロのときなんかは高くてもいい
・低いと全体にどよんってなる
【低ポジションでは指が狭くなって下がりやすい】

■最後のアルペジオ
・高音は多少高めでもいい
・Dをどの弦で弾くか
・D線開放が多いがそれだと音がのこらない
・それに開放弦と4ポジとをひと弓で弾くことになる
・G線で弾いたほうが音は残る
・が、そのぶん左手は難しい
【ま、G線でがんばりましょ】


■まんなかへんのC線のベース音
・腰から弾く
・しっかり長めに出したい。ルバート気味に
・そのためには少し前からrit気味に
・そのあともちょっとaccel気味に
・不自然にならないように前後を工夫すること
・小節ごとにベース音がだんだん下がっていく
・この場合はどんどん音量を上げていきたい
・3拍目に出てくるのはルバートしなくていい
【やっぱり最後は右手の課題になります】




bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

この曲は永遠の課題?

こんにちは。
1番のプレリュードは奥が深いですね。
先生の受け売りですが、
1~2年でとりあえず弾けるようにはなるけれど、
5年目なら5年目、10年目なら10年目の弾き方と味わいがあるんだそうです。
私にはまだよくわかりませんが・・・。
というか一回くらい間違えずに弾いてみろと自分に突っ込むしかないんですが・・・。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。