スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロ二重奏は楽しい レッスン#70

3月あたまに発表会。
今回は先生とチェロ二重奏やります。
クンマー作曲、作品22-1、ハ長調。

これ。


全部弾くと時間オーバーなので、
第1・第2楽章からの抜粋になりそうです。
今回は第1楽章。
年末年始に一生懸命練習してきたのですが、さて。

■拍
・定拍で引くのは意外と難しい
・1人だけで弾いてると気づかないもの
・合わせるとますます怪しくなる
【メトロで練習したんだけどなぁ】

■旋律の音量
・しっかり弾く
・ppと書いてあっても聞こえるように
・伴奏のppと旋律のppは全然違う
・絶対的な音量ではなく表現上の強弱
・気持ちとしてはmfくらい
【これは覚えておけばOK】

■旋律から伴奏にうつるとき
・1チェロが伴奏に移るときには2チェロが沈黙する
・なのでそこはしっかり弾く
・1ページ目に三か所ある
【これは覚えていれば大丈夫】

■弦のチョイス
・A線に移弦するよりD線のままのほうが
・A線にうつると音色が大きく変わるので
【特にpのときにはD線のほうが柔らかくていいかも】

■符点リズム
・ここでは後ろの音と次の音がくっつく
・たたん、たたん
・2チェロとずれる。それで正しい
・合わせるとたたたたたたたた
・うしろの音にスタッカート
・だから前の音はすっと抜く
・ボーイングスラーのことを「弓を送る」という
【これ自信もってやるのたいへん】

■裏拍
・裏から表に戻るときが肝心
・そこで混乱しない
・「ここから戻る」とはっきりと
【最初、ぐじゃぐじゃになりました】

■高音
・A線のGとかいきなりビャーってなる
・そうならないように柔らかく入る
・弓の毛をごく少量だけ接して
・冒頭のGは特に<で歌いたくなるはず
【気を付けます】

■歌の都合
・下降音型のときに<だったり
・急に高い音に飛んでもpだったり
・楽器の都合ではなく歌の都合で
・歌えば自然にそうなるように弾く
【弓のどこを使うかとか】


先生との合奏なので色々頼ってしまうのですが、
そうすると違う動きのところで一気にくずれたりとか、
さあてどういうふうに練習をしたものか。


bann2.gif
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。