スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動! 心と技術の理想的な関係 チェロ・アンサンブル・サイトウ クレンゲル/讃歌

3202110926.jpg


以前の記事で、「チェロだけ合奏」として、
古川展生さん達の演奏で、
チェロ四重奏の「アヴェマリア」を、
ベルリンフィル12チェリステンの演奏で、
チェロ八重奏の「ブラジル風バッハ」を、
それぞれご紹介しました。

本日紹介します演奏もチェロ合奏。
 ユリウス・クレンゲル 「讃歌」
 チェロ合奏 チェロ・アンサンブル・サイトウ
です。


こちらの演奏は、
以前の記事で「讃歌」のことを取り上げた際に、
コメント欄にひぐまさんに教えて頂いたもの。

演奏者である「サイトウ・チェロ・アンサンブル」は、
24名のチェロ奏者からなる合奏団。
全員が、かの斎藤秀雄氏のお弟子さんだそうです。

このCDは同合奏団の3枚目。
ライナーノートによれば、
斎藤氏の生誕100年を祝っての演奏会に際しての録音。


一曲目はバッハ「G線上のアリア」から始まります。

私はここでもうノックアウト。

最初の一音から、最後の響きが消えるまで、
感動的な演奏に包まれます。
そう、この「包まれる」感じは、
チェロ合奏に独特だと思うのですが、
特にこの演奏にはぴったりの表現です。
主旋律、印象的なオブリガード、
そして通奏低音まで、
ひとつひとつの音が意味があって、
それだけでなく、
とても気持ちに訴えてきます。

さて。

本日メインで紹介します、クレンゲル「讃歌」。
クレンゲル自身が高名なチェロ奏者であったそうです。
そこでこの曲は、
チェロ合奏のオリジナル曲。12パート。
そして、とてもとても美しい曲です。

静かに静かに始まり、
だんだんと音が重なり、
ひと段落したあとにはピチカートも入って、
美しい旋律を重ねに重ねて盛り上がりを築いたあと、
また静かに消えていきます。

ここに聴く、
チェロ・アンサンブル・サイトウの演奏は、正に絶品。

はじめのオクターブ上で奏でられる旋律の綺麗なこと、
絶妙なピアニッシモ、
さりげないオブリガード、
底で響く深い深い低音、
そして抜群のアンサンブル。

感動的に盛り上がるのに、
感情的になりすぎず、
絶妙なところでスっと引いてしまう。
曲が終わるのがもったいないです。
1パート2人、24人での演奏で、
音が分厚く、ますます包み込まれるようです。


アンサンブルのよさ、感動的に訴える力の強さは、ただ演奏者が同門であるからだけではないでしょう。恩師への共通する思いがあったとしても、それが表現できる技術を身につけているからこそ。もちろんそれは、この方々の先生である斎藤氏が素晴らしい教師であったということを示しているわけですけども。この演奏からは、高い技術を持った人達が思いを同じくしたときに、本当に感動的な演奏が生まれるのだと思わされます。

このCD、何回聴いても飽きません。どの曲も素晴らしいですが、特にこの「讃歌」を聴くたびに、響きに包み込まれて幸せな気分になります。CD+SACDで4000円強とアルバム一枚としては高価ですが、それでも買って損はない、むしろおつりがくるぐらいであると、私には思えます。この演奏をご紹介いただきましたひぐまさんに改めて感謝いたします。

--------------------------------------------------
本日紹介しました演奏は、
 ユリウス・クレンゲル 讃歌
 チェロ合奏 チェロ・アンサンブル・サイトウ
でした。
3202110926.jpg Amazon
--------------------------------------------------

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

そんな、そんな(;´▽`A``

ほんとにこのCD、すごいでしょ。うふうふ。
喜んで頂けたようで紹介したこちらもうれしいでーす♪
愛聴盤必至ですね!

ありがとうございます!

すでに愛聴盤です(笑)
アンサンブル・サイトウの他のCDにも興味が出てきました!
チェロだけ合奏、いいですね。私もやりたい。
bann2.gif

プロフィール

ククーロ

Author:ククーロ
18歳のときに「チェロを弾こう!」と決め、28歳でようやく始めました(2009年2月)。練習の記録と好きな音楽の紹介をしています。よろしくお願いします。京都在住です。


◆ お気に入りCD ◆

アクアトリニティ
水の薫り
aqua.jpg


サイトウ・チェロ・アンサンブル
クレンゲル「讃歌」
3202110926.jpg


ヨーヨー・マ
ソング・オブ・ジョイアンドピース <歓喜と平和の歌>
masong.jpg


トゥルルス・モルク
ショパン・チェロ曲集
mork.jpg


ミクローシュ・ペレーニ
ウィグモア・ホールライブ
perenil.jpg



◆ 愛用スピーカー  ◆
 Timedomain Light
light1.jpg
 



◆ 愛用の消音器 ◆
 マイ・ミュート
mute2.jpg



◆ 今弾いてる楽器  ◆
Cao工房 ゴフリラーモデル
IMG_0894_4.jpg

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。